世界初の人工エネルギー島建造プロジェクトが動き出す

masapoco
投稿日
2023年10月4日 13:42
worlds first artificial energy island

世界初の人工エネルギー島「Princess Elisabeth Island」が環境許可を取得し、建設に向かって動き出した。

Princess Elisabeth Islandは、洋上風力発電所を本土や近隣諸国のエネルギーシステムに接続する、ベルギー海域における未来の電気ハブである。

ベルギー電力公社であるEliaがこのプロジェクトの開発者であり、Eliaが2023年1月に申請した許可の取得が重要なマイルストーンとなる。建設には2024年3月から2026年8月までの2年間を要する。

Princess Elisabeth Islandは、直流(HVDC)と交流(HVAC)を組み合わせた世界初の人工エネルギー島となる。この高圧インフラは、2026年末までに合計3.5ギガワット(GW)の新しい発電容量が稼動する予定の、同名の洋上風力発電所「Princess Elisabeth Zone」にある近隣の洋上風力発電所からエネルギーを収集する。同時に、サッカー場12個分の広さを持つこの巨大なプラットフォームは、イギリス(ノーチラス)とデンマーク(トリトンリンク)における将来のハイブリッド相互接続プロジェクトのハブとしても機能する。ベルギー沿岸から約45キロ離れた北海に位置するこの島には、メンテナンスチームが容易にアクセスできるよう、小さな港とヘリコプター・プラットフォームも設置される。

島の建設は2024年初めに始まり、2026年8月まで続く。2026年から2030年にかけて、電気インフラが建設され、運用が開始される。

Princess Elisabeth Islandは、2030年までにすべての風力発電所と本土に完全に接続される予定だ。プロジェクトの様子は以下のビデオでご覧いただける:


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • CoverArtwork Nature ms 2023 05 08275A
    次の記事

    スカンジウム原子時計が3000億年に1秒の誤差と言う驚異的な精度を実現

    2023年10月4日 15:34
  • 前の記事

    米国で史上初となるスペースデブリに対する罰金が科される

    2023年10月4日 6:49
    space satellite
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • rocket start propulsion system

    世界初となる核融合を利用した電気推進装置の実証実験が成功

  • sand

    フィンランドで従来規模の10倍となる新たな砂電池が建設、町全体の暖房を1週間まかなう事が可能に

  • news water battery 1220px

    発火も爆発もせず環境にも優しい世界初の「水電池」が開発された

  • nuclear reactor

    Amazonが原子力発電に投資、Cumulusデータセンターを6億5000万ドルで買収

今読まれている記事