筋トレ記録アプリ「Strong」をAppleWatchで使う方法徹底解説!

masapoco
投稿日
2022年2月21日 18:01
Strong for AppleWatch

最強の筋トレ記録アプリ「Strong」については別記事でご紹介していますが、StrongはAppleWatchでも使うことが出来ることはご存じですか?

もしAppleWatchを普段お使いの方で、ワークアウト中も常に身につけているのならば、StrongをAppleWatchで使うことで、もっと筋トレの記録が簡単にできますよ

今回は、ワークアウト記録アプリ「Strong」をAppleWatchで使う方法について詳しく解説しました。

この機会に是非お試し下さい!

StrongをAppleWatchで使うために最初にすること

大前提として、iPhone自体に「Strong」のアプリがインストールされていることが必要です!

もしまだStrongをインストールしていない方は、以下の記事をご覧下さい!

システム要件

Watch Appを使うための前提条件として、以下の物がありますので、まずはこちらをご確認下さい。

  1. WatchOS 4.0以上対応のAppleWatchを持っている
  2. WatchOS 4.0以上を利用している
  3. StrongのAppleWatch用アプリをインストールしている

1,2はこの記事執筆中の2022年2月現在でAppleWatchをお使いの方ならばほぼ問題ないと思われます。

3について解説します。

AppleWatch用Strongのインストール

※AppleWatchのホーム画面上に「Strong」のアイコンがあればインストールされているのでこれ以降の操作は不要です。

STEP
iPhoneでWatchアプリを開く

AppleWatch管理のために、iPhoneでWatchアプリを起動させて下さい。

STEP
マイウォッチで利用可能なAPPからインストール

下の方までスクロールさせると、「利用可能なAPP」の項目があります。「Strong」欄でインストールをタップしてインストールして下さい。

STEP
AppleWatch上でインストールされたか確認

インストールには少し時間がかかります。インストールが完了したら、AppleWatch上で確認しましょう。

STEP
初期設定

AppleWatch用Strongがインストールされましたら、iPhoneアプリで初期設定を行いましょう。

Strongの設定画面で「Apple Watch」をタップして下さい。

タップすると自動で同期が開始されます。iPhoneでは何も操作せずに終わるまで待ちましょう。

iPhoneのStrongアプリで上の画面になりセットアップが始まったら、AppleWatch側のStrongアプリを起動させて下さい。

同期が終わるとiPhone側のStrongアプリが下のような画面になります。

これで初期設定は完了です!

ちなみに、ワークアウト中の操作をiPhoneとAppleWatchと両方で行いたい場合は、「Live Sync」をオンにしておきましょう!(例えば、開始時はiPhoneで操作するけれども、トレーニングが進むにつれて疲労が溜まり、iPhoneを触る余裕がなくなってきたらAppleWatchで操作したい場合など)

ワークアウト中はどちらか一方しか操作しないよと言うことでしたら、この操作は不要です。その場合、iPhoneで始めたワークアウトはiPhoneで記録、終了が出来ますが、AppleWatchでは操作ができません。逆もまたしかりです。

ちなみに、「Live Sync」をオンにすると、AppleWatchのバッテリー消費が若干上がるようです。

Strong Watch APPの使い方解説

iPhoneアプリで作成したテンプレートがそのまま同期され使えるようになっています。

開始したいテンプレートをタップすると、ワークアウト開始です!

ワークアウト開始しましたら、取り組むメニューをタップしましょう。

あらかじめ設定された重量とレップ数が表示されますので、問題なければこなして下さい。内容を変更したければ、それぞれの数字をタップして、AppleWatchのクラウンで変更可能です。

セットが終わったら、インターバルタイマーをタップすることで自動的に記録がされます。

タイマーはiPhone側で設定した標準の時間が設定されていますが、クラウンを操作することで任意の時間に変更も出来ます。またスキップも出来ます。

セットの完了は以下の画面のような感じで自動で記録されます。

AppleWatch側でトレーニングメニューを追加することも出来ます。

ワークアウトの終了もAppleWatchで行えます!

テンプレートを上書きするか、そのまま保持出来るかも選択できます。

終了すると以下のようなメッセージが出ます。

この後iPhoneのStrongアプリで確認するとしっかり記録が同期されています。

まとめ

StrongのAppleWatchアプリですが、とても簡単に始める事ができますよね。

スマートフォンでの操作もよく考えられていますが、AppleWatchだけでもここまで機能的に使えて、更にしっかり記録ができるStrongはやっぱり最高の筋トレ記録アプリだと思います!

これを機会に是非始めてみてはいかがでしょうか?

ワークアウトの効率爆上がり間違いなしですよ!



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • SmartMat Lite 2のイメージ画像
    次の記事

    Wi-Fi機能を大幅強化した自動注文スマートマット「SmartMat Lite」第二世代発売

    2022年2月21日 18:21
  • 前の記事

    最高の筋トレ記録アプリ「Strong」 使い方を徹底解説!

    2022年2月21日 16:12
    Image 1536x1147 1
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • laziness office work

    座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

  • granola

    筋肉をつけたい?炭水化物がタンパク質と同じくらい重要な理由

  • broccoli

    ブロッコリーに含まれる天然成分が血栓の予防や治療に役立つ可能性が判明

今読まれている記事