あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

欧州連合(EU)は、同国のデジタル市場法(DMA)に基づき、厳格な新規則を遵守する必要があるハイテク大手企業、通称「ゲートキーパー」となる最初の6社を決定した。その6社とは、「Alphabet、Amazon、Apple、ByteDance、Meta、Microsoft」と、多くの人々が日々関わるサービスを運営している企業であり、恐らくあなたも名前を聞いたことのあるはずだ。EUの行政機関である欧州委員会(EC)は、特定の企業が収益、評価額、ユーザー数に関連する閾値を満たしているかどうかを評価した結果、Samsungはまだゲートキーパーに指定されないと判断した。

ECは、デジタル・プラットフォームが「コア・プラットフォーム・サービスに関して企業と消費者の間に重要なゲートウェイを提供している場合」、ゲートキーパーに指定できると規定している。ゲートキーパーは2024年3月までに、適用されるサービスがDMA規制に準拠していることを確認する必要がある。この6社の間で、ECは以下のようにこの法律が適用される22のコア・プラットフォーム・サービスを指定している:

  • Alphabet: Google広告、Google検索、Android、YouTube、Chrome、Googleマップ、 Google Play、Googleショッピング
  • Amazon: Amazonマーケットプレイス、Amazon広告
  • Apple: iOS、App Store、Safari
  • ByteDance: TikTok
  • Meta: Facebook、Instagram、WhatsApp、Messenger、Metaマーケットプレイス、Meta広告
  • Microsoft: LinkedIn、Windows
gatekeeper designations

DMAは、ゲートキーパーがライバルのサービスよりも自社のサービスを優遇したり、ユーザーを自社のエコシステムに閉じ込めてはならないと定めている。ゲートキーパーは、特定の状況において、サードパーティに自社のサービスとの相互運用を許可しなければならない。

本日の指定決定は、Alphabet、Amazon、Apple、ByteDance、Meta、Microsoft、Samsungがゲートキーパーに指定される可能性があると通告した後、欧州委員会が45日間かけて実施した審査プロセスを受けたものである。

dma timeline

この指定に先立ち、AppleとMicrosoftは、ECが示した閾値を満たしているにもかかわらず、Bing、Edge、Microsoft Advertising、iMessageはゲートウェイに該当せず、DMAに準拠する必要はないと主張している。ECは両社の主張を検討するため、それぞれのケースについて市場調査を開始した。

加えて、ECはiPadOSが閾値を満たしていないことを指摘しているが、コア・プラットフォーム・サービスに指定されるべきかどうかを判断するために市場調査を開始した。Gmail、Outlook.com、Samsung Internet Browserは閾値を満たしていたが、それぞれの所有者(Alphabet、Microsoft、Samsung)は、いずれのサービスもコア・プラットフォーム・サービスのゲートウェイとして適格ではないとECに認めさせることに成功している。

ゲートキーパーがDMA規則を守らなかった場合、深刻な結果を招く可能性がある。ECは、違反したゲートキーパーに対し、全世界の売上高の10%もの罰金を科すことができる。ゲートキーパーが違反を繰り返した場合は最大20%の罰金が科せられる可能性がある。ECはまた、組織的なDMA違反の場合、ゲートキーパーに事業を売却させ、関連サービスの購入を妨害する権限も与えている。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする