あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

オランダ政府、米国と共同で中国へのチップ製造の輸出を制限へ

オランダ政府は、中国に対する新たな輸出規制を発表した。この新しいルールにより、中国は最先端の半導体装置を購入できなくなる。なぜなら、半導体製造装置メーカーとして世界最大であるASMLは、オランダにあるからだ。新しい規則は、ASMLの深紫外(DUV)液浸露光・蒸着装置のみに適用される。この動きは、オランダが米国とともに、中国が取得できる技術を管理することを意味する。これは、中国の先進的なチップ製造能力へのアクセスを制限するために、日米両国と日本との間で2年以上にわたって協議が行われた後のことだ。オランダ政府は、自国の国家安全保障を守るためにこの動きを行ったと述べている。

2022年末、米国は中国に対する独自の制限を発表した。それは、同国が軍事用途のチップを製造できるようになるのを防ぐためだと述べている。これには、スーパーコンピューターの構築、核兵器のモデル化、高度な兵器システムの作成などが含まれる。The Washington Post紙によると、この規制が発表された時点で、ASMLは従業員に対し、現在中国に設置しているチップ製造装置の設置や修理を中止するよう指示したという。

ASMLはこれまで、最先端の極端紫外線露光(EUV)装置を中国に販売することが出来なかった。米国からの圧力により、政府から必要な輸出許可を得ることができなかったという。新ルールでは、深紫外線露光装置(DUV)の販売も出来なくなる。ASMLは、この新しい規制を理解するのに時間が必要だとしている。

「これらの新しい輸出規制は、最先端の蒸着および液浸リソグラフィツールを含む、高度なチップ製造技術に焦点を当てています。これらの新しい規制により、ASMLは最先端の液浸DUVシステムの出荷のために輸出ライセンスを申請する必要があります」とASMLの声明には書かれている。この規則は、同社の「最先端」ツールにのみ適用されるようだ。したがって、ASMLは、成熟したノード用の装置を中国の顧客に販売することができるはずだ。しかし、同社は新規則の詳細を理解するのに時間が必要である。

asml lithography
7nmおよび5nmノードでのEUV量産をサポートする、TWINSCAN NXE:3400B。(Credit: ASML)

中国は、新たな規制の言葉を快く思っていなかった。BBCによると、中国はすでに正式な苦情を申し入れている。訴状によると、同国はオランダが「特定の国による輸出管理措置の乱用に追随しない」ことを望んでいるという。まもなく日本もオランダに追随することが予想され、中国の悩みはさらに深まることになる。昨年、中国はIntelとAMDに対抗するためのチップコンソーシアムの結成を議論していた。しかし、最先端のチップ製造ツールにアクセスできなければ、この構想は水泡に帰すことになる。オランダの動きは、中国が台湾の至宝であるTSMCに手を出すよう圧力をかける可能性もある。しかし、台湾は以前、中国に対し、そのような事態になればTSMCの工場は操業不能になると警告している。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする