DJI Mavic Mini 2、Air 2Sのファームウェアアップデートが配信 – 日本の航空法改正に対応

masapoco
投稿日 2022年6月20日 14:18
dji mavic air2

DJIドローンMavic Mini 2」及び「Mavic Air 2S」について、新たなファームウェアアップデートが配信された。

最新のファームウェアによって、Mavic Mini 2またはAir 2Sは、機体識別情報(リモートID)をワイヤレスでブロードキャストするための機能が追加される。

現在、Mini 2とAir 2Sのユーザーに対して、それぞれソフトウェアバージョン01.05.0000と02.04.21.90という形でファームウェアの更新が配布されている。

今回のアップデートは、2020年の航空法改正に基づき、2022年6月20日からドローンの機体登録が義務化される日本のユーザーを対象としている。

6月20日以降に日本のドローン登録システムに登録される100g以上のドローンは、飛行中には位置などを電波情報として発信させる「リモートID」機能に対応することが義務付けられている。

リモートIDは、ドローンが安全でない方法で飛行しているように見えたり、飛行が許可されていない場所で飛行している場合に、法執行機関や他の行政機関が所有者を見つけるのに役立つという。また、リモートIDは、より複雑なドローン運用に必要な安全・セキュリティの土台を築くことになる。

そして、これらのドローンにリモートIDモジュールが搭載されていない場合、その飛行が制限されることになる。ただし、専用機器を後付けすることなどへの負担に懸念がよせられたことから、2022年6月19日までにドローン登録システムに登録された機体は、この要件から免除される。

日本のリモートID要件をサポートするには、DJI Flyアプリをv1.6.6にアップデートする必要があることに注意が必要だ。

ちなみに米国においては、ドローンメーカーは、2022年9月16日までに、FAAが定めたリモートIDの最終要件に準拠する必要がある。一方、ユーザーの遵守期限は、2023年9月16日となっている。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 016278d9aaf2d3300a1eecd0815f508c
    次の記事

    100グラム以上のドローン登録義務化が本日より始まる – 違反なら罰則も

    2022年6月20日 14:54
  • 前の記事

    AppleのMシリーズは他社チップに比べて3年先を行っている

    2022年6月20日 12:10
    Apple WWDC22 M2 SoC 220606

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事