人工知能のようなテクノロジーは、戦争への理解を変えつつある

The Conversation
投稿日
2023年12月11日 8:53
war

人工知能(AI)は、社会関係を根本的に変える可能性を秘めているため、破壊的テクノロジーとして広く見なされている。AIは、人々が世界をどのように理解するか労働力として利用可能な仕事、雇用に値する人物や社会を脅かす人物の判断に影響を及ぼしている。

このことは、社会的・技術的プロセスによって定義される戦争ほど明らかなものはない。自律型兵器システム(AWS)やサイバー兵器などの技術は、紛争や戦闘を永遠に変える可能性を秘めている。

戦争の正当化

戦争で行われる暴力行為は、正義やその他の道徳的動機によって武力紛争を正当化するため、しばしば高潔な言葉で組み立てられる。

しかし、「正義の戦争」には、誰が戦闘員であるかの明確な定義と、戦争と平和の明確な区別の両方が必要である。このような区別が損なわれると、総力戦、つまりすべての人がすべての人に対して戦う戦争につながる。民間人と兵士、軍事施設と国内インフラの境界が曖昧になり、あらゆるものが正当な標的となる。総力戦はモンゴルの大軍や塹壕戦を含む過去のものだと思われるかもしれないが、テクノロジーが戦争に与える影響に関する最近の議論は、この概念に新たな息吹を吹き込んでいる。

新しい戦場、古い紛争

軍事戦略や戦場戦術を成功裏に展開・実施する上で、情報は常に重要な鍵を握っている。敵の立場や気質を知ることは、敵の態度や行動を予測し、操作する上で決定的な役割を果たす。

情報化時代には、データを収集・集約する技術的優位性がパワーバランスに大きな変化をもたらすと考えるかもしれない。しかし、これは必ずしも実現されていない。有用であるためには、データは有益でなければならない。ノイズの多いデータではパターンが不明瞭なままかもしれないし、新しすぎて認識できなかったり、誤認されるかもしれない。

現在進行中のイスラエルとハマスの戦争は、その明確な例を示している。パレスチナ人は世界で最も監視されている人々の一人であり、イスラエルは先駆的に顔認識技術やドローンによる監視を行ってきた。この監視は、より多くの軍事情報が攻撃の可能性を減らすという理由で正当化された。

ハマスが2023年10月7日にこのような悪質で広範囲に及ぶ組織的な攻撃を加えたのは、優れた技術に起因するものではない。イスラエル軍にはより多くの資源があった。それよりも、人的諜報活動の失敗と隠蔽工作の成功が最も適切な説明となる。

ハマスがドローン技術を使用したことも決定的な利点となった。イスラエルが先にハマスの無人機プログラムを破壊したにもかかわらず、過激派グループが10月の攻撃で無人機を使用したことは、その成功の決定的な要因であった。これは、比較的安価なテクノロジーを使用する武装勢力の回復力を示している。

戦闘機のない戦争

サイバー攻撃もまた、新たな武器である。非致死的兵器であるサイバー攻撃の脅威と戦闘における役割については、議論が続いている。サイバー攻撃は、ウェブサイトの破壊や改ざん、金銭的損失、情報の漏洩につながるもので、物理的な世界に直接影響を与えることはほとんどない。

注目すべき例外は、Stuxnetウイルスとして知られる米国とイスラエルによる攻撃である。この攻撃はイランの核遠心分離機装置に損害を与え、同計画を数年間後退させることに成功した。

伝統的な兵器とは対照的に、サイバー兵器は戦力増強に最も適している。戦場は常に指揮官と部隊間のコミュニケーションに依存している。重要な軍事作戦中にコミュニケーションを妨害すれば、敵の攻撃力と防御力を低下させることができる。しかし、より自動化された兵器システムが採用されるにつれ、これらの兵器はサイバー攻撃を使って自軍に敵対する可能性がある。

最も懸念されるのは、ロシアがウクライナ戦争で冬の送電網を寸断したように、これらの兵器が重要インフラ攻撃に使われることだ。

サイバースペースそのものを多くの人が理解するのは難しい。行動と結果の間に間接的な関係があり、データの現実性が限られているため、組織はしばしばこうした攻撃の頻度や深刻さを軽視してしまう。このような攻撃に効果的に対処する能力を過大評価することで、組織は自分たち自身と、彼らが商品やサービスを供給する社会に脆弱性を生み出している。

伝統的な兵器と同様、サイバー兵器の精度も重要である。Stuxnetの場合、ウイルスは封じ込められず、他のコンピュータに感染した。他のマルウェアも同様に、広範囲に影響を及ぼす可能性がある。

2009年のConfickerウイルスは、システム内で自律的に適応し複製する能力により、インターネットをほぼ蝕んだ。このようなアプローチが兵器化された場合、このようなウイルスは商業、電力網、輸送システムを混乱させる可能性がある。

言葉の戦争

AIを使った兵器だけでは、戦争の本質を変えることはできないだろう。とはいえ、私たちが紛争をどのように認識し、どのように表現するかは変わるかもしれない。

米国では、サイバー作戦は「永続的な交戦」と表現され、攻撃を容赦のない衝突とみなしている。中国では、「無制限戦争」はあらゆる方法と標的が許されることを示唆している。

北朝鮮による韓国への推定150万回のサイバー攻撃も、中国による台湾への攻撃も、このパターンに当てはまる。

サイバー攻撃の能力が限られていることは、物理的な攻撃よりも懸念されない。中国の無人機使用の増加は、日本を含む近隣諸国との緊張を煽っている。これまでのドローンによる攻撃は「戦争行為」と呼ばれ、台湾は昨年、ドローンを撃墜している。不正なドローン(あるいは群れ)は、地政学的に不安定な地域における紛争のきっかけとして、意図せず作用する可能性がある。

しかし、国家や非国家主体が好戦的な行動をとったり、攻撃的な姿勢をとったりすることはあっても、こうした行動は単なる駆け引きにすぎないことが多い。昨年、中国の監視気球がカナダと米国の上空を通過したことは広く知られているが、最近のバイデン米大統領と習近平国家主席の会談は、言葉が必ずしも行動に結びつかないことを物語っている。そして、中国は威嚇的な姿勢にもかかわらず、まだ台湾を侵略する能力を持っていない。

近い将来、AIを活用したテクノロジーだけ、あるいは主にAIを活用した戦争が起こることはないだろう。武力紛争の主な戦闘員(そして犠牲者)は人間であり続けるだろう。

戦争の根拠は変わらないだろうが、自律型兵器やサイバー兵器が紛争の捉え方や戦い方をどのように変えるかを考えなければならない。人間がコントロールできる範囲を超えて戦争が行われるのであれば、私たちは自らの運命を機械の手に委ねることになる。


本記事は、Jordan Richard Schoenherr氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Technologies like artificial intelligence are changing our understanding of war」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • train
    次の記事

    通勤時間とうつ病の関連性を示す韓国の大規模研究

    2023年12月11日 10:28
  • 前の記事

    ついにホームボタン付きiPadが販売終了になるかもしれない

    2023年12月11日 7:00
    Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018
この記事を書いた人
The Conversation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事