あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

BloombergのMark Gurman氏は、PowerOnニュースレターの中でAppleがiPadのラインナップに大きな見直しを図り、ユーザーの混乱を解消する方向に動く可能性が報じられている。

既報では、2024年3月にも新たな有機EL iPad ProとM2搭載iPad Airが販売されることが伝えられていたが、Gurman氏はこの動きを掘り下げ、AppleがiPadのラインナップにMacの明瞭さをもたらすことを意図しているとのことだ。

具体的には、iPad ProとiPad Airの関係を、MacBook ProとMacBook Airの関係のように据え、Proには有機ELディスプレイと最新のデザイン、最新のチップを搭載して差別化を図り、価格は最上級の物になる。反面iPad Airは少しだけ画面サイズを小さくし、1世代前のチップと1世代前のディスプレイを搭載する、より中級クラスのデバイスとして販売する。

また、新しいMagic KeyboardはiPad Proのみの対応になり、ここでもiPad Airとの差別化が図られる。

とはいえ、iPad Airは標準のiPadと比較しても大きな性能差を誇ること、10.9インチと12.9インチの2サイズ構成となり、ここでは下位モデルとの差別化が維持される。

加えて、標準のiPadにも大きな変化が計画されており、第11世代iPadの登場と共に、ついにホームボタン付きの第9世代iPadが段階的に廃止されるという。これは、Lightning充電の古いApple Pencilの廃止を伴う物だという。

iPad miniは現行のデザインを維持しながらより高速なプロセッサを搭載してリフレッシュされるようだ。

究極的にはiPad ProとiPad Airのみにすることがラインナップの整理には最も有効な手段かも知れないが、教育現場に於けるChromebookとの競争のためにも安価なiPadは維持しなければならない事、iPad miniにも一定の需要があることから廃止が難しいと見られる。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする