ドローン

人工知能のようなテクノロジーは、戦争への理解を変えつつある

war

人工知能(AI)は、社会関係を根本的に変える可能性を秘めているため、破壊的テクノロジーとして広く見なされている。AIは、人々が世界をどのように理解するか、労働力として利用可能な仕事、雇用に値する人物や社…

続きを読む人工知能のようなテクノロジーは、戦争への理解を変えつつある

ウクライナ軍、ロシアによる地雷の除去に完全自動制御のドローンを活用

photo 2023 10 27 12 22 22

ウクライナは、ロシアの侵攻に対する防衛的展開のために国内UAV生産を強化する努力の一環として、地雷の検出と除去を加速し改善するために特別に開発されたドローンのテストを行っているようだ。 ウクライナ軍は、…

続きを読むウクライナ軍、ロシアによる地雷の除去に完全自動制御のドローンを活用

Appleが「Scary fast」イベント全体をiPhone 15 Pro Maxで撮影した方法を公開

Apple Shot on iPhone Blackmagic Camera app

昨日のAppleの新型Mac発表イベント”Scary fast”で印象的だったのは、その撮影がすべてiPhone 15 Pro Maxで行われたことだ。Appleは今回、舞台裏のビデオとプレスリリースを公開し、使用したソフトウェ…

続きを読むAppleが「Scary fast」イベント全体をiPhone 15 Pro Maxで撮影した方法を公開

葉をモチーフにした折り紙ロボットは空中で形を変えて飛び回る

microfliersWEB001

環境センサーを散布する場合、有効なデータを採取するためにはなるべくセンサーを広範囲に配置することが必要となる。だが、例えばドローンから投下する場合、センサーの落下を制御する事が出来ない為、場合によっ…

続きを読む葉をモチーフにした折り紙ロボットは空中で形を変えて飛び回る

米国防総省は数千機の無人機を製造し戦場に投入する計画を発表した

drone army

アメリカ国防総省(DoD)は、中国の急速な軍事化に対抗するため、ドローンのような自律型兵器を大量生産する計画を発表した。「Replicator(レプリケーター:複製者)」と呼ばれるこの新プログラムでは、米国は「小…

続きを読む米国防総省は数千機の無人機を製造し戦場に投入する計画を発表した

ニューヨーク市、新たなドローン許可プロセスで厳格なドローン規制を緩和

new york city

ニューヨーク市は、これまでUAVの運用をほぼ全面的に禁止していたものを自由化することを目的とした新たな許可プロセスを発表し、ドローン使用にとって世界で最も厳しい場所のひとつという評判を和らげるための最初…

続きを読むニューヨーク市、新たなドローン許可プロセスで厳格なドローン規制を緩和

火災における人命救助の可能性を広げる革命的な耐火ドローンが開発中

EQ79 Feuerdrohne 1 870

インペリアル・カレッジ・ロンドンとエンパ研究所の研究チームが、耐火性ドローンの開発に取り組んでいる。 猛火の中でも長時間生存できるように設計されたこの新型ドローンは、消防士に重要な偵察サービスを提供す…

続きを読む火災における人命救助の可能性を広げる革命的な耐火ドローンが開発中

「トロイダル・プロペラ」とは何か、ドローンの未来を変える可能性はあるか?専門家が解説

troidal propeller 3

従来のプロペラの基本構成は、1903年にライト兄弟が初めて動力飛行を行って以来、基本的に変わっていない。 しかし、エンジニアが空気力学を学び、新しい実験を試みるにつれ、プロペラはより複雑な形状に進化してい…

続きを読む「トロイダル・プロペラ」とは何か、ドローンの未来を変える可能性はあるか?専門家が解説

DJI、トリプルカメラシステムドローン「Mavic 3 Pro」及び「Mavic 3 Pro Cine」を発表

Mavic 3 Pro Cine Indoor Shoot 2

本日、DJIはフラッグシップドローンの最新機種である「Mavic 3 Pro」と「Mavic 3 Pro Cine」を発表した。前バージョンの機能はそのままに、カメラレンズの追加、望遠センサーの強化、Apple ProResのサポートなど、…

続きを読むDJI、トリプルカメラシステムドローン「Mavic 3 Pro」及び「Mavic 3 Pro Cine」を発表