iOS 17.3正式版がリリース、新たな盗難デバイス保護ツール等が登場

masapoco
投稿日
2024年1月23日 6:44
apple stolen device

Appleは、iOS 17.3及びiPadOS 17.3の正式版を全ユーザーに向けてリリースした。内容としては大きな機能追加などはなく、安定性の向上や小規模な更新に留まるが、「盗難デバイス保護」機能が新たに追加されている。これは、盗まれたiPhoneやiPadの位置を特定するためではなく、泥棒があなたの個人データにアクセスできないようにするためのものだ。

この機能はiOS 17.3の開発者向けベータ版で初めて登場した。もし誰かがあなたのiPhoneやiPadを盗むことに成功したとしても、あなたがOS 17.3にアップデートしていた場合、Face IDやTouch IDと言った生体認証へのアクセスを強制することで、窃盗犯からシステムからロックすることができる。例え窃盗犯があなたのパスコードを知っていても機能するので、より強力なデバイス保護が可能となる。

このソフトウェアは、iPhoneやiPadがユーザーのあずかり知らぬ場所にあると認識された場合、パスコードを変更する前に自動的に1時間のセキュリティ遅延を義務付ける。盗難デバイス保護機能は、窃盗犯の犯行を止めることはできないが、窃盗犯にとって厄介になることは間違いない。このツールはiPhoneとiPadの両方で利用できる。

その他の更新を含むアップデート内容は以下の通りだ。

iOS 17.3公式変更ログ

盗難デバイスの保護

  • 盗難デバイス保護は、特定の操作を実行するためにパスコードのフォールバックなしでFace IDまたはTouch IDを要求することにより、iPhoneとApple IDのセキュリティを向上させます。
  • セキュリティディレイでは、デバイスのパスコードやApple IDのパスワードの変更などの機密性の高い操作を実行する前に、Face IDまたはTouch IDを要求し、1時間待機した後、追加の生体認証に成功する必要があります。

ロック画面

  • 黒人歴史月間を記念して、黒人の歴史と文化に敬意を表した新しいUnityの壁紙

音楽

  • プレイリストのコラボレーションでは、プレイリストに友達を招待し、みんなで曲を追加、並び替え、削除することができます。
  • 共同プレイリストのどの曲にも、絵文字によるリアクションを追加できます。

このアップデートには以下の改善も含まれています:

  • AirPlayホテルのサポートにより、一部のホテルでは客室のテレビにコンテンツを直接ストリーミングできます。
  • 設定のAppleCareと保証では、Apple IDでサインインしているすべてのデバイスの補償内容が表示されます。
  • クラッシュ検出の最適化(すべての iPhone 14 および iPhone 15 モデル)

その他、バグ修正や、パフォーマンス向上も行われている。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • ar image factory
    次の記事

    MITの調査によると、AIはまだ人間を置き換えるにはコストがかかりすぎる

    2024年1月23日 9:44
  • 前の記事

    液体金属を使った世界初の“完全にフレキシブル”なメモリの開発に成功

    2024年1月23日 6:22
    liquid metal ram
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • Apple M3 chip series architecture 231030

    AppleのM3 MaxチップからのUltraFusionインターコネクト削除は新たな巨大チップ登場の前兆か?

  • magsafe charger

    iOS 17.4のアップデートによりiPhone 12がQi2での高速ワイヤレス充電に対応へ

  • apple iphone 5g

    Apple、未発表のアプリやVision Proに関する情報をリークした疑いで元従業員を提訴

  • Apple iPad Pro Magic Keyboard M2 hero 2up 221018

    新型iPad ProとiPad Airは5月初旬の発売になる可能性が報じられる

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

今読まれている記事