CPU出荷が長き低迷を抜け、ついにパンデミックレベルを超えた

masapoco
投稿日 2024年2月9日 6:46
Intel Xeon CPU Max Series Processor scaled 1

新型コロナウイルス感染症のパンデミックの間、人々が隔離生活を余儀なくされ、リモートワークが推奨された事もあり、PC市場は活況を迎えた。これはPC業界にとっては素晴らしいことだったが、2022年にパンデミックが終息すると、誰もPCパーツを買う必要がなくなったため、その反動から市場は低迷を迎えた。この低迷は2023年まで続いたが、Jon Peddie Research(JPR)によると、CPUの売上は2023年第4四半期にパンデミックのレベルを超えるまでに回復を見せているという。

CPU出荷に関する最新の数字は、PC市場がパンデミック後の低迷から完全に回復しつつあることを示している。JPRによると、CPUの販売台数は2022年第4四半期に底を打ち、5,400万台が販売された。それ以降、この数字は四半期ごとに7%ずつ上昇し、2023年第4四半期の販売台数は6,600万台に達した。JPRの調査によれば、CPUの販売台数は前年同期比で22%増加したことになる。また、現在ではほとんどのCPUに内蔵グラフィックスが搭載されており、この市場も過去1年間で18%成長している事が分かる。

統合GPUの市場も成長し続けるだろうとJPRは指摘する。直近の四半期では、市場普及率は約85%に達し、6000万ユニットが販売された。同レポートは、今後5年間でiGPUの市場シェアは98%に達すると予測しており、これがIntelがMeteor Lakeで統合GPUに注力した理由かもしれない。AMDもZen 4向けの最初のAPUである8000Gシリーズを発表したばかりだが、これはディスクリートGPUを持たないユーザー向けに作られたRDNA 3グラフィックスを搭載したお手頃価格のCPUだ。

JPRは、中東やウクライナで紛争が続いていることから、CPUの売上急増は、憂鬱なニュースの中で明るい話題だと述べている。これは特に関係がないように思えるが、レポートでは、インフレ率の継続的な低下と米国のGDPの増加とともに、こうした動きにもかかわらずPC市場が健全化の兆しを見せていると指摘している。2024年にはPCの大幅なアップグレードサイクルが到来するという、最近多くのハイテク企業幹部が唱えている考えを補強しているようだ。

2023年とは異なり、今年はIntel、AMD、NVIDIAから新しいCPUとGPUが登場し、Windowsの「新」バージョンも登場すると見られている。さらに、2021年のパンデミック期に購入されたPCはアップグレードの時期を迎えており、CPUも同様だ。「AIパソコン」が今年登場するのは言うまでもないが、それが私たちの生活をどのように向上させるかについてはまだ未知数である。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • c2pa hero
    次の記事

    GoogleがC2PA運営委員会に参加、デジタルコンテンツの透明性向上に貢献

    2024年2月9日 10:18
  • 前の記事

    TSMCはASMLのHigh-NA EUVマシンを1nmプロセスまで採用しない可能性

    2024年2月9日 6:35
    Business ASML Employees assembling an EUV system ASML top

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事