GoogleがC2PA運営委員会に参加、デジタルコンテンツの透明性向上に貢献

masapoco
投稿日
2024年2月9日 10:18
c2pa hero

Coalition for Content Provenance and Authenticity(コンテンツ来歴および信頼性のための標準化団体、以下C2PA )は本日、デジタルコンテンツの透明性を向上させるための運営委員会にGoogleが参加したことを発表した。

Googleは、Adobe、BBC、Intel、Microsoft、Publicis Groupe、Sony、Truepicを含む他の運営委員会メンバーとともに、デジタルコンテンツの実証性に関するC2PAの技術標準を推進する。

これには、Content Credentialsの導入が含まれる。Content Credentialsは、改ざん防止メタデータの標準とされ、デジタル・コンテンツに添付することで、その作成・変更履歴を証明することができる。

Googleは、新しいChatGPTの競合であるGemini Advancedなど、自社の製品やサービスにContent Credentialsを統合する方法を模索している。YouTubeを含むGoogleの関与は、デジタルコンテンツを理解し信頼するためのリソースとして、Content Credentialsの普及を支援することを意図している。

GoogleのC2PAへの参加は、Google DeepMindのSynthID、検索における「この画像について」、YouTubeの改変または合成コンテンツの表示など、デジタルコンテンツの透明性を向上させるためのこれまでの取り組みに基づくものである。

C2PAのAndrew Jenks委員長は、Googleが加わったことをC2PAのアプローチに対する重要な支持として歓迎し、より安全で透明性の高いデジタル・エコシステムのためにコンテンツ・ラベルの利用を拡大することに参加するよう奨励した。

C2PAのメタデータは、Content Credentials VerifyなどのWebサイトで確認することが可能だ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • 88a206c05ba9c73008aa090d25c0a562
    次の記事

    物理学者のように考え、理論を構築するAIの開発に成功

    2024年2月9日 11:24
  • 前の記事

    CPU出荷が長き低迷を抜け、ついにパンデミックレベルを超えた

    2024年2月9日 6:46
    Intel Xeon CPU Max Series Processor scaled 1
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


おすすめ記事

  • openai

    OpenAI、15秒の音声サンプルから感情豊かで自然な音声を合成できる「Voice Engine」を発表

  • a04c35e8e555c1cc7ae1d6a5f3159856

    MicrosoftとOpenAI、1000億ドル以上をかけて超人的AI開発のためのスーパーコンピューター「Stargate」を開発する計画

  • Sam Altman TechCrunch SF 2019 Day 2 Oct 3 cropped cropped

    ベンチャーキャピタリスト、OpenAIのSam Altman氏を“誇大妄想的”と非難

  • google logo image

    Googleが非営利団体を対象に2000万ドルの資金を提供し生成AI活用を支援

  • Pixel 8 in Rose.max 936x936.format webp

    Google、方針を転換しPixel 8にもGemini NanoによるオンデバイスAI機能を搭載へ

今読まれている記事