超加工食品の摂取が口や喉の発がんリスクに繋がる事が判明

masapoco
投稿日
2023年11月27日 11:38
junk food

ブリストル大学と国際がん研究機関(IARC)の研究者らが主導した新しい研究によると、超加工食品(UPF)を多く食べると、口、喉、食道のがん発症リスクが高まる可能性がある事が判明した。この研究では、約14年間追跡された450,111人の成人の栄養と生活習慣が調査された。

予想外の結果

この研究結果の驚くべき発見は実は別にあり、超加工食品の大量摂取による肥満が、これらのガンの唯一の要因ではなかったということが分かったのだ。

「超加工食品は、いくつかの観察研究において、体重過多や体脂肪増加と関連している。超加工食品は一般的に美味しく、便利で安価であるため、大量摂取やカロリー過多を助長するのです」と、本研究の筆頭著者であるブリストル大学の博士課程の学生、Fernanda Morales-Berstein氏は語った。さらに彼女は、超加工食品を食べることと上部消化管がんとの関連は、肥満度やウエスト・ヒップ比とは関係がないことが分析で示されたと付け加えた。

研究チームによると、超加工食品を10%多く摂取すると、頭頸部がんのリスクが23%、食道腺がんのリスクが24%増加するという。超加工食品の消費量とこれらの上部消化管悪性腫瘍の発生率との統計的関連性のうち、体脂肪の増加によって説明できるものはごく一部であり、著者らは他のメカニズムが働いている可能性があると推測している。

超加工食品は広範囲に加工され、多くの添加物、保存料、香料、着色料、乳化剤を含んでいるため、体重増加につながるかどうかにかかわらず、人体に本質的なダメージを与える可能性がある。さらに、食品の包装や製造工程も、有害な化学物質を食品に添加する原因となっている。

さらなる研究が必要

がんと超加工食品の間に観察された関係を説明するすべてのメカニズムを解明するには、さらなる研究が必要である。しかし、この研究では肥満がこの関連を説明できなかったため、Morales-Berstein氏は、「セマグルチドのような減量治療のみに焦点を当てても、これらの疾患の予防に大きく貢献することはないだろう」と付け加えた。

一般的な健康を増進するために、医療専門家は、果物、野菜、全粒穀物、赤身のタンパク質、健康的な脂肪など、加工度の低い完全食品を含むバランスの取れた食事に重点を置くことを頻繁に提唱している。超加工食品の使用を減らすことは、食生活を改善し、栄養関連の健康問題を回避するための前向きな一歩であると強く考えられている。

「超加工食品の消費量の増加と上部消化管癌の発症リスクの増加との関連は、全粒穀物、野菜、果物、豆類を豊富に含む健康的な食事を摂るようにという私たちの癌予防勧告を裏付けるものです」と、世界癌研究基金の研究・政策担当アシスタントディレクターであるHelen Croker博士は結論づけた。


論文

参考文献

研究の要旨



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • deformable mirrors2
    次の記事

    次世代宇宙望遠鏡は変形可能なミラーを使い太陽系外惑星を直接撮影出来るようになる

    2023年11月27日 11:53
  • 前の記事

    SK hynix、HBM特需により過去最高のDRAM市場シェアを獲得

    2023年11月27日 11:20
    SK hynix HBM3E 02
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • oura ring

    スマートリングの超精密動作トラッキングがウェアラブル技術を次のレベルに押し上げる

  • stress face

    154件の研究から、怒りを抑えるには、“感情を爆発させるよりも冷静になる”方が効果的であるかが明らかになった

  • laziness office work

    座りっぱなしは健康に悪く、運動しても有害な影響を相殺することはできないらしい

  • granola

    筋肉をつけたい?炭水化物がタンパク質と同じくらい重要な理由

  • broccoli

    ブロッコリーに含まれる天然成分が血栓の予防や治療に役立つ可能性が判明

今読まれている記事