中国政府、チップ製造に不可欠なガリウムとゲルマニウムを制限し欧米に対抗

masapoco
投稿日 2023年7月4日 10:40
silicon wafer

中国は、半導体やその他の電子部品に使用される2つの元素に輸出制限を課している。この動きは、欧米諸国が中近東へのチップやその製造技術の販売を制限していることに対する報復と見られる可能性が高い。

中国商務省は声明を発表し、北京がガリウムとゲルマニウム、およびこれらの元素を含む化合物(インジウムガリウム砒素、リンゲルマニウム亜鉛、シリコンチップ製造技術Geエピタキシャル成長基板など)の輸出規制を実施することを決定したと発表した。

つまり、中国からこれらの材料を輸出しようとする者は、まず中国商務省に申請書を提出し、許可を得なければならない。これは「国家の安全保障と利益を守るために」必要なことだと声明は述べている。これらの措置は8月1日から施行される。

ガリウムとゲルマニウムはいずれも、中国が世界最大の供給源となっている素材である。例えば、Critical Raw Materials Allianceによれば、中国は世界のゲルマニウムの約60%を供給しており、残りはカナダ、フィンランド、ロシア、アメリカから供給されているという。

ガリウムについては状況はさらに悪く、その80%は中国から供給されている。一方、現在使用されている半導体で2番目に多いガリウムヒ素は、必要な品質で生産されているのは世界の数社のみで、そのうちの1社はヨーロッパにあるだけである。

ゲルマニウムの用途には、光ファイバーシステム、赤外線光学、太陽電池、発光ダイオード(LED)などがあり、ガリウムの用途には、マイクロ波や高速スイッチング回路などがあると言われている。

これは、米国とそのパートナー諸国が、先進的なチップ加工技術を制限するために中国企業への技術輸出を制限したことに対する北京の報復である可能性がかなり高いだろう。

つい先週、米国政府はAI処理に使われる先端チップの中国への輸出についてさらなる制限を検討していると伝えられた。一方、先端半導体の設計や製造に使われる技術にはすでに輸出許可が必要だ。

中国はすでに、米国のメモリー・チップメーカーであるMicronをセキュリティ・リスクとしてブラックリストに掲載し、自国の重要な情報インフラの運営者がアイダホの技術を含む製品を購入することを禁止することで反撃に出ている。

ガリウムもゲルマニウムもハイテク産業には欠かせないもので、化合物半導体の製造に使われる。これらの金属は希少ではないが、中国によって安価に維持されており、他の国で採掘するには比較的高価である。今回の動きは、当初はこれらの金属の価格を押し上げるかもしれないが、他国がこれらの金属の採掘を始めることで、中国の市場支配力を低下させる可能性もある。

「彼らが価格抑制をやめれば、西側でこれらの金属を採掘することが突然可能になる。アンチモン、タングステン、レアアースなど、以前にも同じようなことがあった」ホールガーテン&カンパニーのプリンシパル、Christopher EcclestoneはBloombergに語っている。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • ai china making chip 1
    次の記事

    AIが通常4,500時間かかるCPU設計をわずか5時間で完了させた

    2023年7月4日 12:18
  • 前の記事

    Meta、Twitter対抗のテキストSNS「Threads」を7月6日にリリースへ

    2023年7月4日 12:17
    Threads Meta

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事