中国・龍芯の次世代CPU 3A6000は、Zen 3レベルの性能でSMTをサポート

masapoco
投稿日 2023年7月3日 12:16
Loongson China CPU

中国国産チップメーカーのLoongson(龍芯)は、3A6000 CPUラインナップをリリースする予定だが、このプロセッサは同時マルチスレッディング(SMT)をサポートすることが報告されている。

Loongson 3A6000 CPUラインアップはIntelのAlder LakeおよびAMD Zen 3プロセッサレベルか?

Phoronixは、Loongsonが最新のLinux 6.5パッチでSMTのサポートを追加したことを明らかにした。同社は2-way SMTをサポートし、次期ラインナップのスレッド数を倍増させるという。

SMTサポートは数十年前にIntelとAMDのプロセッサーに搭載されたもので、これは物理コアをCPUタスクを同時に実行する2つのスレッドに分割するというものだ。これにより、1つのコアが2つの異なる命令を同時に実行できるため、はるかに高速なパフォーマンスが可能になる。

パッチの内容によると、Loongson 3A6000のラインナップは、Intelの第10世代プロセッサーやAMD Zen 3プロセッサーと同様に、4C/8Tと8C/16Tの構成を特徴とする。SMTとは別に、新しい3A6000 CPUはSIMD/ベクトルもサポートする。具体的な拡張は128ビットLSXと256ビットLASXだ。これらはベクトル処理拡張命令のカスタム名である。次世代ラインナップの性能にどのような影響を与えるかが、大きなポイントになりそうだ。

この新ラインナップで、Loongsonは新アーキテクチャ「Dragon Core」によって、IntelのAlder LakeやAMDのZen 3 CPUに直接対抗することを目指している。新アーキテクチャは、シングルコア(浮動小数点演算)において68%の性能向上をもたらし、これは前世代と比較して大規模なものだ。

同社は、新しい3A6000ラインナップを今年リリースする予定であり、以前の報道では、2023年半ばの発売を示唆していたが、これはちょうど今頃になるはずだ。これらのプロセッサーは特に中国市場向けで、グローバルにリリースされるかどうかは不明だLoongsonの次世代CPU 3A6000は、Zen 3の性能でSMTをサポートする。。しかし、Loongsonのビジョンは、最近のチップ禁止令のために消費者に自社ソリューションを提供することである。しかし、これらのプロセッサーはグローバルな競争相手と同じような性能を提供することはできないかもしれないが、見たところ近いところまで来ているようだ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • file 20230623 2542 tun5fo
    次の記事

    核融合をクリーンエネルギーとして利用するには、まだ数十年の研究が必要だ

    2023年7月3日 14:09
  • 前の記事

    気候変動が人間の脳の大きさに大きな影響を与えていることが明らかになった

    2023年7月3日 12:00
    brain photo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事