あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

暗号通過の暴落は、様々な企業に影響を及ぼしている。Celsius Networkは、米国連邦破産法第11条の適用を申請した。暗号通過貸出会社の将来は、ちょうど1ヶ月前に突然すべての引き出しと転送を停止して以来、疑問視されてきた。同社は現在、破産裁判所が会社を再建する間、残りの1億6700万ドルの現金で事業を継続することを希望している。

Celsius Networkの申請書によると、同社は10億ドルから100億ドルの資産を持つが、同程度の負債を負っているとのことだ。最も大きな5つの債権は、それぞれ2000万ドルから8000万ドルの間である。フォーチュン誌によると、同社は昨年32億5000万ドルの評価を受けており、今年の売却前には240億ドル相当もの資産を運用していた。それが、引き出しをロックする前に120億ドル程度まで落ち込んだと伝えられているが、今回の破産申請で、現在はもっと少なくなっていることがうかがえる。

Celsiusのビジネス・モデルや運営については、以前から懸念が示されていた。

同社は今、銀行の貸し倒れを避けるため、先月引き出しを停止したと述べている。「一時停止をしなければ、特定の顧客(最初に行動を起こした顧客)には全額が支払われ、他の顧客はCelsiusが流動性の低い、あるいは長期の資産展開活動から価値を得るのを待ってから回収を受けることになっただろう」と、同社のプレスリリースには書かれている。

暗号ヘッジファンドのThree Arrowsも、今月初めに破産申請を余儀なくされていた。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

コメントする