あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

私たちは、自分の老化のスピードを客観的に知ることができるのだろうか?うまく測定できれば、科学者は私たちの老化の速度を変えて、より長く健康な生活を送ることができるかも知れない。研究者たちは、ある人は他の人より早く老化することを知っており、加齢による健康状態の悪化につながる体内の生理的変化を簡潔に測定しようと試みてきた。

長年にわたり、研究者は健康診断で通常収集される高血圧、コレステロール、体重などの臨床因子を、老化を予測する指標として使用してきた。このような指標を用いることで、ある人がライフサイクルのどの時点においても、老化が早いか遅いかを判断することができると考えられていたのだ。しかし、最近では、老化を分子・細胞レベルで反映する生物学的マーカーが他にも存在するという説が有力視されている。これには、人の遺伝物質そのものの変化、すなわちエピジェネティクスが含まれる。

人はそれぞれ、生涯を通じてほとんど変化しない遺伝的構造を持っているが、生涯を通じて起こる遺伝物質への化学的変化は、どの遺伝子がオンまたはオフになるかを変え、より急速な老化につながる可能性がある。このような変化は、通常、DNAへのメチル基の付加を伴い、幼少期の不利な経験、喫煙、汚染、うつ病などの社会的・環境的暴露に影響される

しかし、エピジェネティックなマーカーは、加齢に伴って起こる重要な健康上の変化をどの程度予測できるのだろうか?私たちは、社会的要因がどのように老化を予測するかを研究している社会科学者だ。これまでの研究で、教育、貧困、人種、医療へのアクセス、特定の健康行動などの要因が、老化の速度に影響を与えることが分かっている。私たちは、社会的要因がどのように「皮膚の下」に入り込み、老化に影響を与えるかを理解するために、大規模な集団研究にエピジェネティック年齢のような生物学的指標を組み込んでいる。私たちが最近発表した研究では、エピジェネティック年齢は人生における特定の健康上の転帰を予測するものの、社会的要因に関連する重要な差異を説明することはほとんどできないことが明らかになった。

エピジェネティック・エイジングとは?

2013年、遺伝学者で生物統計学者のSteve Horvathは、人の老化の割合はゲノムのメチル化のレベルでとらえられるという考えを紹介した。さらに、エピジェネティック年齢を年数で測定し、その年齢を年代と比較する方法を開発した。

その後、研究者たちは、エピジェネティクスに基づく健康状態をより確実に予測するための指標をいくつか開発した。DNAメチル化は、数滴の血液で老化の量と速度を要約するのに使える可能性があると指摘する人もいる。

file 20230217 18 vamim0
エピジェネティクスは、さまざまな方法で健康に影響を与える可能性がある (Credit: National Institutes of Health)

エピジェネティクスと社会的要因の比較

エピジェネティック年齢が、人口統計や社会経済的地位といった他の非ジェネティックな要因と比較して、どの程度健康上の転帰を予測できるかはこれまで明らかではなかった。私たちは、血液中のDNAメチル化レベルで測定されるエピジェネティック年齢が、死亡、慢性疾患、身体障害、認知機能障害という4つの老化関連健康アウトカムを予測するかどうかを確かめたいと考えた。

56歳以上のアメリカ人の大規模な全国代表サンプルであるHealth and Retirement Studyのデータを用いたところ、エピジェネティック年齢は我々が調べたすべての健康アウトカムを予測することが判明した。エピジェネティック年齢は、人生の後半における死亡と罹患を最も強く予測した。つまり、全体として、エピジェネティック年齢が高い人ほど健康状態が悪かったのだ。

一方、教育水準が低い、喫煙、黒人やヒスパニック系、肥満、困難な幼児期など、特定の属性を持つ人々が、より早く、より頻繁に健康上の悪い結果を経験する理由は、エピジェネティック年齢では説明できなかった。これらの社会的要因は、エピジェネティクスと同様に死亡率や罹患率を予測することができ、身体機能や認知機能については、エピジェネティック年齢よりも実質的によく予測することができた。

この結果は、DNAメチル化は人生後半の健康状態を予測するツールボックスへの有用な追加であるが、人口統計学、社会経済的地位、メンタルヘルス、健康行動などの他の要因も、より強固でないにしても、同様に健康の予測因子として残ることを示唆するものである。

老化と健康をより良く予測する

DNAメチル化のようなエピジェネティックな老化現象は、老化を説明する上で有望である。しかし、老化の根底にある分子および細胞メカニズムを研究者が完全に理解するには、まだ長い道のりがある。

生物学に影響を与える生涯社会的経験と、老化の根底にある生物学的メカニズムの両方を測定する能力を向上させることは、老化の測定を改善するだけでなく、最も必要とする人々のためのより良い治療や疾病予防につながるかも知れない。


本記事は、Eileen Crimmins氏、Jessica Faul氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Epigenetic and social factors both predict aging and health – but new research suggests one might be stronger」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする