オーストラリアの食品スタートアップ、マンモスの培養肉で世界初のミートボールを製造

masapoco
投稿日
2023年3月30日 6:52
mammoth meat

数千年前に絶滅したウーリーマンモスは、太古の人々の栄養源だった。そして今、オーストラリアを拠点とする養殖肉会社Vowが、マンモスの肉を現代によみがえらせようとしている。

ウーリーマンモスの絶滅したDNAを使ってマンモスのミートボールを作り、マンモスの近縁種であるアフリカゾウのDNAを使って仕上げた。ミートボールは、アムステルダムの科学博物館NEMOで展示される事になっている。

「ウーリーマンモスの肉を選んだのは、気候変動によって一掃された喪失の象徴だからです」と、Vowの共同設立者であるTim Noakesmith氏は、Science Alertに述べている。

大規模農業や食生活を変えるなど、「やり方を変えなければ、同じような運命になる」とNoakesmith氏は付け加えた。

培養肉とは、最先端の分子技術を駆使して、動物細胞から生産された肉であり、実際の動物細胞ではない。培養肉は、通常の食肉生産に伴う環境負荷を大幅に軽減し、風味や栄養の面でも好ましいものに仕上げることができる。

マンモスのミオグロビンの遺伝子配列を特定することから始まり、科学者たちが何週間もかけて育てた肉だ。

「このタンパク質は4,000年もの間、見たことがないので、今のところ食べることはありません」と、Vowと一緒にプロジェクトを進めたクイーンズランド大学オーストラリア生物工学研究所のErnst Wolvetang氏は言う。「しかし、安全性テストが終わったら、どんな味がするのか、とても気になりますね」。

オーブンの中で科学者たちは、巨大なミートボールをじっくりと焼き上げ、その外側にブローカーで焦げ目をつけた。

「ワニの肉を焼くときのようなにおいがした」と、Vowの最高科学責任者であるJames Ryan氏は聴衆に語った。

オーストラリア初の培養肉企業であるVowは、より美味しく栄養価の高い食品を生産すると同時に、より持続可能であることに専念している。Vowは、肉の培養に特化した他の多くの企業とは異なり、この技術を利用して、既存の肉の模倣にとどまらない斬新なアイテムを製造している。Vowは、科学者、シェフ、クリエイターとのコラボレーションにより、新しい味、食感、栄養価の高さを研究しているのだ。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • image3 YLtvcgt.width 1000.format webp
    次の記事

    Google、検索画面に「猛暑アラート」を追加へ

    2023年3月30日 7:29
  • 前の記事

    Intel、Xeonのロードマップ更新、2025年に144コアのSierra Forest、Clearwater Forestをリリース

    2023年3月30日 6:36
    Intel Xeon Granite Rapids Sierra Forest CPUs
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • granola

    筋肉をつけたい?炭水化物がタンパク質と同じくらい重要な理由

  • broccoli

    ブロッコリーに含まれる天然成分が血栓の予防や治療に役立つ可能性が判明

  • boiled water

    水道水を沸騰させることでマイクロプラスチックを90%近く除去できる可能性がある

  • tea bags

    ティーバッグと加工肉が“永遠の化学物質”の大きな摂取源となる可能性が示唆される

  • kimchi

    キムチはダイエットに効果的か?新たな研究で真実が明らかに

今読まれている記事