あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

人工甘味料アスパルテームが学習・記憶障害を引き起こし、子孫に遺伝させる可能性が示される

WHOがアスパルテームの発がん性を示唆してから2カ月が経過したが、この人工甘味料にまたもや、まだ知られていない負の側面があるのではとの疑いが浮上している。新たな研究では今度は学習と記憶に悪影響を及ぼす可能性があるとの報告が出てきているのだ。

フロリダ州立大学(FSU)医学部の研究者らは、食品医薬品局(FDA)が安全と判断したレベルよりもかなり低いレベルのアスパルテームを摂取した雄マウスが、空間学習と記憶障害を子孫に遺伝させてしまうことを発見した。

これらの遺伝的徴候は、アスパルテームにさらされていない対照群には見られなかった。

この研究結果は、アスパルテームの摂取と2世代にわたる遺伝性不安行動との関連を示した2022年の研究に続くものである。

「学習、記憶、不安という点で、私たちの学習には感情的な要素が含まれることが多いという意味で、重なる部分があります。感情的なインパクトがあると、よりよく記憶することができます。しかし、これはかなり異なる機能と脳ネットワークです。不安の研究とは違って、これは一世代だけです。これは、この種の伝達が精子のエピジェネティックな変化によって起こることを裏付けるもう一つの証拠です」と、共著者であるフロリダ州立大学生物医学科のPradeep Bhide氏は述べている。

16週間にわたり、あるグループのマウスは、FDAが定めるアスパルテームの最大摂取量の7%(1日237mlのダイエットソーダ2本分に相当)を混ぜた水を摂取し、別のグループには15%という高用量を摂取させた。平均的なヒトのアスパルテーム摂取量は1日あたり4.1mg/kg、つまりFDAの1日最大摂取量の15%に過ぎないと推定されるため、投与量レベルはこれを反映するように設定された。コントロール郡は水だけである。

マウスは4週目、8週目、12週目にさまざまな認知タスクをテストされ、最終テストでは円形の空間にある40の選択肢の中から「安全な」脱出ボックスを見つけることを学習させられた。

アスパルテーム無添加のコントロールマウスはすぐに脱出ボックスを見つけたが、アスパルテーム7%と15%のグループは、どちらも課題を覚えるのに時間がかかった。

その後、アスパルテームを摂取した雄マウスを、普通の水を与えた雌マウスと交配させたところ、第一世代では雌雄ともに学習と記憶に同様の欠陥が見られた。

共著者であるバイオメディカル・サイエンス学部および脳修復センターのDeirdre McCarthy氏は、「彼らは、異なる戦略を用いて、脱出ボックスを見つけています。ある種の方法で補うのです。繰り返しますが、彼らは機能することができますが、より長い時間が必要であったり、特別な助けが必要であったりします」と、述べている。

研究者たちは、アスパルテームが脳にどのような影響を与えるのかを解明しようとしている。研究者たちは、特に扁桃体における神経伝達物質シグナリングの変化が、観察された特異的な学習・記憶障害の根底にあるのではないかと考えている。

著者らは、アスパルテームが認知機能に及ぼす影響は領域選択的であることを示唆している。なぜなら、反転学習、記憶の保持、想起には変化が見られなかったからである。

「学習、記憶、不安という点では、重なる部分があります。感情的なインパクトがあると、記憶もよくなります。しかし、これは全く別の機能と脳ネットワークなのです」と、Bhide氏は述べている。

また、研究者らは精子におけるエピジェネティックな変化(基礎となる遺伝子配列を変えないDNAの修飾)が、アスパルテーム誘発形質の遺伝性のメカニズムであると考えいる。興味深いことに、学習・記憶障害は2代目のマウスには遺伝しなかったのだ。

以前の研究では、アスパルテームは腸内細菌叢の破壊、血糖値の調節、体重増加など、他の健康問題とも関連している。

7月、世界保健機関(WHO)のがん研究部門は、アスパルテームをヒトに対して発がん性がある可能性があると正式に勧告している点も見逃せないだろう。

アスパルテームは1981年に卓上甘味料、1983年にダイエットソーダ、1996年にその他の製品への使用が初めて承認された。現在では、歯磨き粉やビタミン剤など、世界中で6,000以上の製品に使用されている。


論文

参考文献

研究の要旨

環境暴露は遺伝性形質を生み出し、その形質は1世代から2世代にわたって集団に残る可能性がある。何百万人もの人々が、遺伝的影響の可能性を評価することなく、規制機関によって安全であると宣言された人工甘味料などの物質を毎日摂取している。我々は、FDA認可の人工甘味料であるアスパルテームを、FDAが推奨する1日の最大摂取量のわずか7-15%に相当する量(1日に8オンスのダイエットソーダを2-4杯飲む量に相当)を16週間まで毎日摂取すると、マウスに著しい空間学習障害と記憶障害が生じることを示した。さらに、この認知障害は父系にそって雌雄の子孫に伝えられることから、アスパルテームの認知への悪影響は遺伝性であり、直接曝露された個体における影響のみを考慮した現在の推定値よりも広範であることが示唆される。伝統的に、妊婦や授乳婦の有害な環境暴露は、将来の世代の健康に対する危険因子とみなされてきた。男性の環境暴露は同様のリスクをもたらすとは考えられていない。今回の知見は、男性の環境暴露が将来世代の認知機能に悪影響を及ぼす可能性を示唆しており、人工甘味料の規制評価の一環として、父系を介した遺伝的影響を考慮する必要性を示している。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする