あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Appleは、現在開発中のiOS 15.5、iPadOS 15.5のリリース候補版を開発者向けにリリースした。

前回の開発者向けベータ4は現地時間5月4日に提供されていたので、それから約1週間でのリリース候補版提供となる。

あわせて、tvOS 15.5、およびwatchOS 8.6もリリース候補版をリリースしている。

最新のビルドは、テストプログラムに登録している場合はApple Developer Centerを介してダウンロードするか、以前のベータビルドを既に実行しているデバイスの無線アップデートからダウンロードする事が出来る。

iOS15.5の新機能

Appleによれば、iOS15.5はAppleCashを強化し、WalletアプリでAppleCashカードからの送金をより簡単にリクエストおよび送信できるようになっているとのことだ。また、iPhoneの空きストレージを維持するのに役立つ新機能と、HomeKitのいくつかのバグ修正も含まれる。

AppleによるiOS15.5の完全なリリースノートは次のとおりだ。

iOS 15.5には、次の改善とバグ修正が含まれています。

ウォレットにより、AppleCashの顧客はAppleCashカードから送金および送金を要求できるようになりました

Apple Podcastsには、iPhoneに保存されているエピソードを制限し、古いエピソードを自動的に削除する新しい設定が含まれています

到着または出発する人々によって引き起こされるホームオートメーションが失敗する可能性がある問題を修正します

また、iOS 15.5のベータ版では、「Apple Classical」アプリへの言及があったことも確認されている。

その他、iOS15.5リリース候補版では、主にバグ修正や、パフォーマンス向上が行われているようだ。

パブリックベータの利用もまもなく可能となり、来週には正式なリリースになる予定だ。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

コメントする