あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Appleは、現在開発中で次期リリース予定のmacOS Monterey 12.4のリリース候補版を開発者向けにリリースした。

前回の、第4弾ベータ版は5月4日のリリースだったので、それから約1週間でのリリースとなる。

最新のビルドは、テストプログラムに登録している場合はApple Developer Centerを介してダウンロードするか、以前のベータビルドを既に実行しているデバイスの無線アップデートからダウンロードする事が出来る。

新機能についてのアナウンスはリリースされておらず、具体的な内容については確認中だが、主にバグ修正や、パフォーマンス向上がメインとなっている模様。

なお、iPadがiPadOS 15.5を実行している場合、ユニバーサルコントロール機能ではMacが最新のベータ版である必要があるという警告が表示されるとのこと。

パブリックベータの利用もまもなく可能となる模様。そして来週には正式なリリースが行われる模様だ。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする