あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Appleは、自社開発の5Gモデムに関して引き続き問題に直面しており、そのリリースが2025年末から2026年初めに遅れる可能性が高いと報じられている。このプロジェクトは、iPhoneを始めとする様々な製品においてQualcommへの依存を減らす試みの一環であるが、Appleをもってしてもこの開発は困難を極め、避けられない遅延に見舞われているようだ。

Bloombergの報道によれば、Appleの独自5Gモデムの開発はいまだ初期段階にあり、性能の問題や過熱などの問題が頻繁に発生しているという。AppleがQualcommとの5Gモデムライセンス契約をさらに3年間更新したのは、カスタムベースバンドチップの作業を続けるために必要な余裕を確保するためだ。Bloombergの報道によると、Appleの努力は現時点では実を結んでおらず、独自モデムのリリースを2025年末または2026年初めまで遅らせることを決定したとされる。

現在のところ、性能や過熱の問題は続いており、AppleがQualcommの現行世代モデムに匹敵する、あるいはそれを上回る5Gソリューションを開発するまでには数年かかる可能性がある。当初の計画では、2024年に独自の5Gモデムを発売する予定であった、それはもう実現の可能性がない。現在のバージョンは5Gのミリ波にも対応しておらず、Intelから提供されたコードに関する問題にも直面している。

コードの書き換えが必要であり、新機能の追加によってプログラムがクラッシュしたり壊れたりすることがある。Appleはまた、カスタム5Gチップの開発のどの段階でもQualcommの特許を侵害しないように注意を払わなければならない。AppleはQualcommの独占を打破するために、Samsungからの5Gモデムの出荷を求めたが、それも実現しなかった。AppleはiPhone、iPad、Macのカスタムチップセットの開発においては優位に立っているかもしれないが、5Gモデム開発においてはその弱点が浮き彫りになっている。

これらの多くの障害にもかかわらず、Appleは今後数年間で独自の5Gモデムを開発することに熱心である。Qualcommとのパートナーシップは高価であり、それがiPhone SE 4の発売遅延の理由である可能性が高い。しかし、そのカスタムソリューションが発売されたとしても、Appleは一部デバイスでもその後数年間はQualcommに依存し続けることになるだろう。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする