あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

中東で起きている紛争を追っている人なら、ソーシャルメディアで次の2つの動画を見たかもしれない。1つ目は、小さな男の子が父親の死体に覆いかぶさり、アラビア語で “置いていかないで”と泣き叫んでいる。もうひとつは、腹を切り裂かれた妊婦を映したもので、2023年10月7日にイスラエルで起きたハマスの攻撃後に犠牲者の遺体を処理した救急隊員の証言を記録したものだと主張している。

これらの動画はイスラエルとハマスの戦争における異なる側からのものであるにもかかわらず、両者に共通するものは、両者を隔てるものをはるかに上回っている。なぜなら、どちらのビデオも、本物ではあるが、彼らが表現していると主張する出来事とは何の関係もないからだ。少年の映像は2016年のシリアのもので、女性の映像は2018年のメキシコのものだ。

安価だが効果的な偽物

最近のヘッドラインでは、AIを駆使した高度なディープフェイクが警告されている。しかし、最新の偽情報に拍車をかけているのは、こうしたローテクを駆使した安価なフェイクである。安価なフェイクは、プロパガンダ担当者のツールベルトのスイスアーミーナイフだ。日付を変えたり、場所を変えたり、あるいはビデオゲームのクリップを再利用して戦場での戦闘と見せかけたりするのに、ほとんどノウハウは必要ないが、効果的に混乱を引き起こす。

良い知らせは、こうした策略に乗せられるのを避けることができるということだ。誤解を招きかねない証拠を精査するのではなく、信頼できる情報源が検証するまで待つのだ。しかし、これはしばしば難しい。

ほとんどの人は、この種の策略を見破る能力がないのだ。私たちが新刊『Verified:Verified: How to Think Straight, Get Duped Less, and Make Better Decisions about What to Believe Online』(邦訳『検証:オンラインで騙されないために』)で検証した調査によると、ほとんどの人がこの手口に引っかかっている。

この種の調査としては最大規模のもので、3,446人の高校生が、2016年の民主党予備選における不正選挙を示すと称するソーシャルメディア上の動画を評価した。生徒たちは、ビデオ全体を見ることも、一部を見ることも、映像を残してそれに関する情報をインターネットで検索することもできた。いくつかのキーワードをブラウザに入力すれば、生徒たちはSnopesやBBCからこのビデオを否定する記事を見ることができた。わずか3人の生徒(1%の10分の1以下)だけが、このビデオの本当の出所を突き止めた

嘘つきの目

なぜ学生たちは一貫して騙されてきたのか?問題は、老若男女を問わず、多くの人がネットで何かを見ればそれが何であるかわかると思っていることだ。特に感情を刺激するような映像は、自分の目を簡単に欺くことができることに気づいていない。

煽情的な映像が前頭前野をかわしてみぞおちに落ちると、最初の衝動は怒りを他の人と共有することだ。より良い行動とは何か?映像の真偽を問うことだと思うかもしれない。しかし、別の質問、むしろ関連する一連の質問が、より良い出発点である。

  • 自分が何を見ているのか、本当にわかっているのだろうか?
  • その映像がドンバスでロシア軍が行った残虐行為のものなのかどうか、見出しにそう書いてあるからといって、そしてあなたがウクライナの大義に同情的だからといって、本当に見分けがつくのだろうか?
  • 映像を投稿した人物は、実績のある記者なのか、フェイクだと判明した場合に地位や名声を危険にさらす人物なのか、それとも無差別な人物なのか。
  • もっと長い映像へのリンクはあるのか–映像が短ければ短いほど警戒すべきなのだが–、あるいは、見出しとキャプションが点と点をどう結ぶかの余地をほとんど残していないにもかかわらず、それ自体が語っていると主張しているのか。

これらの質問には、ビデオ鑑識の高度な知識は必要ない。必要なのは、自分自身に正直になることだけだ。これらの質問に答えられないということは、自分が何を見ているのかよく分かっていないということを自覚するのに十分なはずだ。

忍耐は強力なツール

ソーシャル・メディアで報じられる “遅報”は、まったく報道になっていない可能性が高いが、稲妻の絵文字や感嘆符の羅列を伴ったYouTubeの動画に解釈を巻き付けた怒れる商人たちに押されていることが多い。信頼できる記者は、何が起こったのかを立証する時間が必要だ。怒りの商人にはそれがない。詐欺師と宣伝屋は、せっかちな人を餌にする。あなたの最大の情報リテラシー超能力は、待つことを学ぶことだ。

ビデオに足がついていたとしても、それを見ているのはあなただけではない。ビデオ解析の高度なテクニックを身につけた人たちが、すでにそれを解析し、真相に迫ろうとしている可能性が高い。

彼らが何を発見したかを知るのに、あなたは長く待つ必要はないだろう。


本記事は、Sam Wineburg氏とMichael Caulfield氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「No, you’re not that good at detecting fake videos − 2 misinformation experts explain why and how you can develop the power to resist these deceptions」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする