あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Windwos 11の次期バージョンで搭載される機能などをテストしている、開発者向けプレビュー「Windows 11 Insider Preview」が更新され、 Build25145がDevチャネル向けにリリースされた。

Buildのアップデートは、すでに導入済みの場合は「設定」アプリの[Windows Update]セクションからアップグレードできる。

Windows Insider Preview Build 25145の新機能

新機能は以下の通りとなる。

Windows 11 Insider Preview Build 25145の新機能
[ナレーター点字ドライバーソリューション]

点字デバイスは、ナレーターと他社製スクリーンリーダーを切り替えても、ナレーターが自動的に点字ドライバを変更するため、引き続き使用することができます。

前提条件:

ナレーターの現在の点字サポートがすでにインストールされている場合は、以下の手順に従って削除する必要があります。

  1. 設定を開きます。
  2. [アプリ] >[オプション機能] >[インストール済み機能]に移動します。
  3. アクセシビリティの検索–点字サポート
  4. アクセシビリティの拡張–点字サポートと機能のアンインストール。

新しいナレーター点字サポートをインストールします。

  1. [設定]>[ユーザー補助]>[ナレーター]>[点字]に移動します。
  2. [その他]ボタンを選択します。
  3. [点字のダウンロードとインストール]ボタンを選択して、この新しいウィンドウから点字をダウンロードします。
  4. 点字をインストールしたら、 [設定]>[ユーザー補助]>[ナレーター]>[点字]に戻ります。
  5. 「点字ディスプレイドライバ」オプションから、サードパーティのスクリーンリーダーで使用されている点字ディスプレイドライバを選択します。これは一度だけ行う必要があります。
設定でOneDriveストレージアラートとサブスクリプション管理が可能に 

3月に、Windows11設定でのMicrosoft365サブスクリプション管理エクスペリエンスを強化し、[設定]内の[アカウント]でMicrosoft365サブスクリプションの支払い方法を表示する機能を追加しました。

OneDrive subscription card
OneDriveスタンドアロン100GBサブスクリプション管理エクスペリエンスは、[設定]の[アカウント]ページで公開されています。

本日のビルドから、Microsoft 365サブスクリプションと同様に、[設定]内の[アカウント]ページでOneDriveスタンドアロン100GBサブスクリプションの有効化を開始しました。これにより、Windows 11内での定期的な請求、支払い方法、およびOneDriveストレージの使用状況を表示できます。さらに、OneDriveストレージの制限に近いかそれを超える場合は、同じページで通知されます。

OneDrive storage alert
アカウント設定ページに表示されるバナーで、ストレージの使用状況を警告します。
ローカル管理者パスワードソリューション

従来のローカル管理者パスワードソリューション製品(別名「LAPS」)は、Windowsのネイティブ部分になり、多くの新機能が含まれています。

laps1a
グループポリシーエディターを使用して、新しいLAPSグループポリシー設定を簡単に管理します。

機能のドキュメントはまだ利用できませんが、従来のLAPS製品を使用したことがある場合は、この新しいバージョンの機能の多くに馴染みがあります。以下は、基本的なActiveDirectoryドメインに参加しているクライアントのシナリオを開始するのに役立つ簡単なハウツーです。

  1. 新しいLAPSPowerShellモジュールでUpdate-LapsADSchemaコマンドレットを実行して、ActiveDirectoryスキーマを拡張します。
  2. Set-LapsADComputerSelfPermissionコマンドレットを実行して、コンピューターのOUに必要なアクセス許可を追加します。
  3. 新しいLAPSグループポリシーオブジェクトを追加し、「パスワードバックアップディレクトリの構成」設定を有効にして、パスワードを「ActiveDirectory」にバックアップするように構成します。
  4. ドメインに参加しているクライアントは、次のGPO更新間隔でポリシーを処理します。「gpupdate/target:computer / force」を実行して、待機を回避します。(Invoke-LapsPolicyProcessingコマンドレットは、これと同じ目的で使用できます。)
  5. ドメインに参加しているクライアントが新しいパスワードをバックアップしたら(イベントログで10018イベントを探します-下のスクリーンショットを参照)、Get-LapsADPasswordコマンドレットを実行して、新しく保存されたパスワードを取得します(デフォルトではドメインとして実行している必要があります)管理者)。

この新しいグループポリシーを取得するには、グループポリシーエディターを開き、[コンピューターの構成]>[管理用テンプレート]>[システム]>[LAPS]に移動します。

新しい組み込みのイベントログを介して詳細なステータスを取得できます。

laps2a

Windows Insider Preview Build 25145の変更と改善

Windows 11 Insider Preview Build 25145の変更点
[全般]
  • すべてのマイクロソフトのお客様は、プライバシーを保護し、自信を持ってプライバシーを簡単に決定するために必要な情報とツールを提供することを知って、当社の製品を使用できる必要があります。ビルド25140でインサイダーに展開され始めた新しいアプリの使用履歴機能により、ユーザーは、位置情報、カメラ、マイク、電話、メッセージング、連絡先、写真、ビデオ、音楽ライブラリ、スクリーンショット、および設定エクスペリエンスを介してアプリ。この新しい情報は、[設定]>[プライバシーとセキュリティ]>[アプリの権限]にあります(マイクなどのアプリの権限カテゴリの1つをクリックして、[最近のアクティビティ]を確認してください)。
[推奨されるアクション]

ビルド25115で展開を開始した推奨アクションは、米国、カナダ、およびメキシコのすべてのWindowsInsiderで利用できるようになりました。

[ファイルエクスプローラー]

ファイルエクスプローラーの本体でフォルダーを中クリックすると、新しいタブでフォルダーが開きます。

Windows 11 Insider Preview Build 25145の修正点
[全般]
  • 休止状態から再開しようとすると、SurfaceProXデバイス上のWindowsInsiderが黒い画面に表示される問題を修正しました。
  • 一部のインサイダーがUSBに関連するSYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLEDで発生していたバグチェックを修正しました。
  • エラー0x1CASYNTHETIC_WATCHDOG_TIMEOUTのバグチェックを修正しました。これは、しばらくアイドリング状態を維持した後、一部のPCで散発的に発生する可能性がありました。これは、ラップトップの蓋を閉じたときに発生する可能性があり、スリープ中にラップトップが再起動したように見えます。
  • InventorySvcが実行時間が長くなるほど、予想外に大量のメモリを消費する原因となっていた、最後の2つのビルドの問題を修正しました。
[ファイルエクスプローラー]
  • これで、TabまたはF6を押したときに、タブの行がキーボードのフォーカスサイクルに含まれるようになりました。タブ行にフォーカスがあれば、左右の矢印キーでタブ行を移動することができます。
  • ファイルエクスプローラーでタブを並べ替えた場合、CTRL+Tabを使ったときのタブの順番がおかしくなる問題を修正しました。
[スタート]
  • ナレーターは、[スタート]のコンテキストメニューからアプリをアンインストールするときに開くダイアログとそれらのオプションを正しく読み取るようになりました。
  • 右から左(RTL)言語の[スタート]の[推奨]セクションで[その他]ボタンを選択したときのアニメーションが正しく表示されるようになりました。
[タスクバー]
  • キーボードを使用して通知センターを閉じるときに、通知センターの終了アニメーションが正しく表示されるようになりました。
[設定]
  • アラビア語の表示言語を使用しているときに[設定]検索ボックスに数字を入力しても、ボックスが表示されなくなりました。
  • 過去数回のビルドで[Bluetoothとデバイス]>[プリンターとスキャナー]に移動すると設定がクラッシュする問題を修正しました。
  • クイック設定のWi-Fiセクションを開いたとき、またはクイック設定のWi-Fiセクションでネットワークに接続または切断した後、一部のインサイダーが過去数回のビルドで発生していたいくつかのクラッシュを修正しました。
  • [クイック設定]の[Wi-Fi]オプションと[設定]の[Wi-Fi]セクションが表示されるまでに数秒かかることがある問題を修正しました。
  • 編集モードでタッチを使用してクイック設定の項目を再配置しても、クイック設定が予期せず閉じられることがなくなりました。
[入力]
  • Courier NewフォントファミリにSOM通貨記号(U + 20C0)を追加しました。
[タスクマネージャー]

Ctrl +PageUpキーとCtrl+Page Downキーを押すと、タスクマネージャーでページ間を移動できるようになります。

[その他]

特定のアプリが起動時に散発的にクラッシュする可能性があるまれな問題を修正しました。

また、その他各種の不具合修正が行われている。

公式ブログでは、詳しい更新情報や修正された不具合の情報、既知の不具合の情報などが掲載されているので、インストールする前に一度閲覧しておくことをオススメする。

Windows 11 Insider Previewを利用する方法については、以下の記事を参照して欲しい。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする