AMDの次期Ryzen 7000はIntelの次期Raptor Lake よりもメモリ転送速度で優位になる可能性

masapoco
投稿日
2022年5月30日 17:53
CPU AMDとIntelの対峙

AMDIntelは今年後半に、共に両社の最新技術を惜しみなく投入した新型CPUをリリースし、しのぎを削る予定だが、性能に関して、新たなリークによると一部AMDに分があるようだ。

この記事の要点
  • 産業用マザーボードメーカーのMiTACが、Intelの第13世代Raptor LakeデスクトップCPUがDDR5-5200までサポートする事を明らかにした。
  • 噂では、AMDはDDR5-5600までをサポートすると言われているため、これが事実ならばAMDは次世代CPUではメモリ面で優位になる可能性。

IntelはDDR5-5200、AMDはDDR5-5600までをサポートか?

188号氏(@momomo_us)によって、産業用マザーボードメーカーのMiTACが、同社のマザーボード「PH12ADI」の仕様内に、Intelの第13世代Raptor LakeデスクトップCPUがサポートする最大メモリ速度を記載していることが確認された

それによると、Alder LakeでDDR5-4800までをサポートするのに対し、Raptor Lake Desktop CPUはDDR5-5200をサポートするまで強化されるとのことだ。Intelの両CPUはDDR4メモリ規格のサポートも継続しているが、今後、IntelとAMDはDDR5のサポートに本腰を入れるようだ。

これまでの報道では、IntelのRaptor LakeデスクトップCPUはDDR5-5600までをサポートすると推測されていたが、実際にはDDR5-5200までのサポートとなりそうだ。これはAlder Lakeに比べて8.3%最大メモリ速度が向上していることになるが、Ryzen 7000 Desktop CPUに搭載されるAMDのメモリコントローラは、DDR5-5600という最大メモリ速度を実現すると言われており、これが事実ならば、Ryzen 7000はRaptor Lakeに比べて、さらに8%メモリ性能面で優位に立つことになる。

さらに、AMDはEXPO(Ryzen Extended Profiles for Overclocking)技術に関して、AM5プラットフォームでのDDR5オーバークロックをいかに推進するか、非常に自信を見せている。

Raphaelの素晴らしい点の1つは、オーバークロックで大きな反響を呼びそうなことで、ちょっと置いておきますが、このオーバークロック仕様では、おそらく不可能だと思われていた速度が可能になるかもしれません。

Joseph Tao氏 – AMD Memory Enabling Manager

まとめると、現在、2022年のDDR5プラットフォームは、以下の通りだ。

  • Intel Alder Lake – DDR5-4800 (ネイティブ – 確認済み)
  • Intel Raptor Lake – DDR5-5200 (ネイティブ – 期待値)
  • AMD Ryzen 7000 – DDR5-5600 (ネイティブ – 予想)

この秋はIntelの第13世代Raptor LakeとAMDのRyzen 7000「Raphael」で熾烈な戦いが繰り広げられるだろう。

AMD RaphaelとIntel Raptor LakeデスクトップCPUの比較(噂に基づく)

CPUファミリーAMD Raphael (RPL-X)Intel Raptor Lake(RPL-S)
プロセスノードTSMC 5nmIntel 7
アーキテクチャZen 4(チップレット)Raptor Cove(Pコア)
Gracemont(Eコア)
コア/スレッド最大16コア/32スレッド最大24コア/32スレッド
合計L3キャッシュ64 MB36 MB
合計L2キャッシュ16 MB32 MB
トータルキャッシュ80 MB68 MB
最大クロック周波数〜5.8 GHz?〜5.8 GHz?
メモリサポートDDR5DDR5 / DDR4
メモリチャネル2チャンネル(2DPC)2チャンネル(2DPC)
最大メモリ速度DDR5-5600DDR5-5200
DDR4-3200
プラットフォームサポート600シリーズ(X670E / X670 / B650 / A620)600シリーズ(Z690 / H670 / B650 / H610)
700シリーズ(Z790 / H770 / B760)
PCI Express 5.0GPUとM.2の両方(Extremeチップセットのみ)GPUとM.2の両方(700シリーズのみ)
統合グラフィックスAMD RDNA 2Intel Iris Xe
ソケットAM5(LGA 1718)LGA 1700/1800
TDP(最大)170W(TDP)
230W(PPT)
125W(PL1)
240W +(PL2)
発売2022年秋2022後半


この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • GALAXY Z FOLD4 5K4 scaled 1
    次の記事

    Galaxy Z Fold4の詳細スペックがリーク

    2022年5月30日 18:28
  • 前の記事

    Google Pixel Tabletはスタイラスを同梱している可能性

    2022年5月30日 14:41
    pixel6pro and stylus
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • TSMC FAB18

    TSMCの3nmノードが急成長、2024年は収益の20%以上を占める可能性

  • what is ai pc

    Intel、「AI PC」の要件は40TOPS以上の性能を持つNPUが必要と述べる、ただしMeteor Lakeはこれを満たさず

  • intel ai pc developer program

    Intel、小規模ソフトウェア開発者のAI PC向けアプリ制作を支援する新プログラムを開始

  • UXL logo

    NVIDIAのAI市場支配からの脱却を目指しGoogle、Intel、Qualcommらが協力

  • us china

    中国、政府機関のコンピュータにIntelとAMDのプロセッサー使用を禁止へ

今読まれている記事