あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

AMDのFSR動画アップスケーリングテクノロジーがYouTubeとVLCにまもなく登場

AMDは、オンラインおよびオフライン再生用のビデオ・アップスケーリング技術の展開を計画している。TweakTownが報じたように、AMDはYouTubeやVLCを通じて動画をアップスケーリングするために「FidelityFX Super Resolution(FSR)」テクノロジーの拡張を進めているとのことだ。

FSRによる動画アップスケーリングのサポートは、この機能をサポートするAMD GPUを持っている人にとっては歓迎すべき追加機能だろう。既にNVIDIAが同様の動画アップスケーリング機能である「RTX Video Super Resolution」をリリースしているが、AMD陣営には同様の機能は提供されていなかった。

現在のFSRは3番目のバージョンだが、AMDはビデオ再生用にどのバージョンのアップスケーリング技術を展開するかは明言しなかった。

代わりにAMDは、ビデオ再生でFSRが動作している画像を1枚だけ公開した。同社によれば、解像度をネイティブの720pから1440pに引き上げることに成功したとのことだが、動画のアップスケーリング機能を論じる場合、静止画のフレームではよくわからないのが正直なところだ。

95373 02 amd announces fsr upscaling for video playback in upcoming radeon drivers and vlc full

AMD FidelityFX Super Resolutionを使用するには、対応グラフィックスを搭載したシステムが必要だ。以下に示すが、注目すべきは、いくつかのNVIDIA GPUがリストに含まれていることだ:

  • AMD Radeon 6000シリーズ
  • AMD Radeon 6000Mシリーズ
  • AMD Radeon 5000シリーズ
  • AMD Radeon 5000Mシリーズ
  • AMD Radeon VIIグラフィックス
  • AMD Radeon RX Vegaシリーズ
  • AMD Radeon 600シリーズ
  • AMD Radeon RX 500シリーズ
  • AMD Radeon RX 480/470/460グラフィックス
  • AMD Radeonグラフィックス搭載AMD Ryzenデスクトップ・プロセッサー
  • Radeon™ グラフィックス搭載AMD Ryzenモバイル・プロセッサー
  • NVIDIA GeForce RTX 30シリーズ
  • NVIDIA GeForce RTX 20シリーズ
  • NVIDIA GeForce 16シリーズ
  • NVIDIA GeForce 10シリーズ

YouTube動画のアップスケーリングに加えて、AMDは有名なメディアプレーヤーであるVLCにFSRの動画アップスケーリング機能を統合する準備を進めているようだ。2024年第1四半期までに「Radeon専用」のアップデートが行われ、ハードウェア実装によるアップスケーリングやノイズリダクションなどの機能が追加される見込みだ。

VLCは動画再生用の人気アプリだ。幅広い規格とファイル形式のライブラリをサポートしている。このアプリは、特に無料であることを考慮すると、印象的な機能セットを持っている。VLCはすでにNVIDIA RTX Video Super Resolutionに対応しているが、間もなく、AMDのFidelityFXにも対応する予定だ。これにより、多くのPCがオフラインコンテンツをアップスケールできる幅が広がる。

FSR Video Super Resolutionに加え、AMDのFluid Motion Framesテクノロジー(AFMF)も1月24日にTechnical Previewを終了する。この技術は、メインドライバブランチの正式な一部となり、サポートGPUを持つすべての人が、ドライバを介して有効にすることができるFPSブーストフレーム生成機能を楽しむことができることを意味する。この技術は、ほぼすべてのDX12およびDX11タイトルをサポートしており、簡単なトグルで有効にすることができる。統合GPUが恩恵を受けられるハンドヘルドデバイスやラップトップデバイスに最適だ。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする