あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

AMDは、Zen 4モバイルゲーミングCPUの新ラインナップに、デスクトップの成功を再現すべく3D Vキャッシュを追加すると報じられている。AMDにとって、モバイルCPUはこれまで垂直スタック型L3キャッシュが投入されていない最後の領域であり、挑戦しがいのあるところだろう。このフラッグシップ・チップは、モバイルCPUでは初となる128MBのL3キャッシュを提供すると伝えられており、今年後半にリフレッシュされるIntelのRaptor LakeおよびMeteor Lake CPUに対抗することになる。

最初のV-CacheモバイルゲーミングCPUの詳細がネット上で共有され、Asusの次期ハイエンドゲーミングノートPC向けとされるスペックが記載された。掲載されているCPUは、Ryzen 9 7945HX3Dというブランド名で、実在しないモデルだ。同社は2022年5月にDragon Rangeのハイエンド・モバイルCPUを発表したが、これまでX3Dのバリエーションは存在しなかった。この新しいチップは、Dragon Range CPUと同じ7045HXの分類を持つが、V-Cacheが追加されている。報告されている128MBのL3は、同社のフラッグシップVキャッシュデスクトップチップであるRyzen 9 7950X3Dに搭載されているのと同じ量だ。

これは、現在の最上位モバイルCPUであるRyzen 9 7945HXと基本的に同じチップである。Zen 4アーキテクチャで構築された16コア、32スレッドのCPUだが、L3キャッシュが2倍になっている。Wccftechによると、既存のチップは2つのCCDに64MBのL3を搭載しているが、V-Cacheは2つの32MBスタックのL3を64MBずつ搭載する。これにより、デスクトップ用チップと同様に、追加キャッシュの恩恵を受けるタイトルで、印象的なゲームパフォーマンスを実現できるはずだ。

このV-Cache CPUを提供する最初のノートパソコンは、AsusのROG Strix SCAR 17という強力な製品だ。V-Cache CPUに加え、RTX 4090モバイルGPU、32GBのDDR5メモリ、240HZの1440pディスプレイを搭載する。これだけのパワーを持つラップトップは、デスクトップの代替となるため、4,000ドル程度になることが想像できる。

AMDはこの新しいCPUのラインナップをまだ正式に発表していないため、これらすべては大目に見てほしい。また、デスクトップのラインアップのように、より安価なモデルを提供するかどうかも興味深いところだ。AMDは現在、Zen 4プラットフォーム向けに3種類のV-Cache CPUを提供しており、最近ではAM4ベースのRyzen 5 5600X3Dという、従来のAM4プラットフォーム向けの新しいX3Dチップも発表した。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする