あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Twitter、ユーザーが1日に読める投稿数を大幅に制限開始

Elon Muskが所有するTwitterの最新の変更は、ユーザーに多くの問題を引き起こしている。Twitterは、データスクレイパーと思われるユーザーを撃退するために、未登録のユーザーがサイトを閲覧できないようにし、アクセスを制限している。

金曜日、TwitterはWebインターフェースを更新し、ユーザーがアカウントでログインせずに投稿を閲覧できないようにした。当初、この問題が技術的な問題なのか、サービス自体が引き起こしたものなのかは不明だった。

この問題に対するツイートで、Musk氏はスクレイピングの問題だと主張している。あるツイートに対して、Musk氏は、Twitterが「データを略奪されすぎて通常のユーザーのサービスが低下していた 」ため、”一時的な緊急措置”を行ったと述べていた。

Epic Games社のTim Sweeney氏に対して、Musk氏はより詳細な情報を提供し、「Twitterのデータを非常に積極的にスクレイピングしており、実際のユーザー体験に影響を与えるほどだった」と主張する “数百の組織(もっと多いかもしれない”があったと述べた。

Musk氏は、どのようなスクレイピングが行われているかについて詳しくは述べていないが、有力な候補としては、ChatGPTのようなチャットボットサービスや、最近人気が高まっているその他のサービスが挙げられている。

土曜日にMusk氏は別の発表を行い、「極端なレベルのデータスクレイピングとシステム操作」のため、いくつかの一時的な制限が設けられていることをフォロワーに知らせた。

その制限とは、1日当たりに読むことが出来る投稿数であり、有料サブスクリプションプランのTwitter Blue加入済みアカウントは、1日あたり6,000件の投稿を読む事が出来るという制限が与えられた。無料アカウントは1日あたり600件の投稿を読むことができ、これから新しくアカウントを作った場合は、1日あたり300件の投稿を読むことができるという制限が課されるようになった。

この「一時的な」措置がいつまで実施されるかは明かされていないが、ボットによるコンテンツのスクレイピングを防ぐ方法をTwitterが見つけない限り、Webサイトでの規制が再び緩和されるとは考えにくい。


Source

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share!!

スポンサーリンク

おすすめ記事

執筆者
Photo of author

masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事一覧を見る

コメントする

CAPTCHA