あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Elon Musk氏が人工知能(AI)を専門に扱う新会社を設立したことが、The Wall Street Journalの報道で明らかになった。ネバダ州に提出された書類によると、この会社は先月設立され、現在、Musk氏が取締役、Musk氏のファミリーオフィスのディレクターであるJared Birchall氏が秘書として名を連ねている。

Musk氏がAI企業を立ち上げるという噂は数日前から流れており、Business Insiderの報道では、Muskが数千のグラフィック処理装置(GPU)を購入し、今後開発する生成AI製品の電源としたことが明らかにされていた。Financial Timesも同様に、Musk氏がMicrosoftが支援するOpenAIに対抗するためにAI企業の設立を計画していると報じた。Musk氏は、この会社を立ち上げるために、SpaceXとTeslaの投資家に資金を求めたとさえ伝えられている。

Musk氏は、2015年に共同設立したものの2018年に立ち去ったAI組織であるOpenAIに公然と反対しており、最近では「GPT-4よりも強力なAIの開発を少なくとも6か月間止めるように」求める書簡に署名していた。ここ数カ月、OpenAIはChatGPTやGPT-4のような技術を背景に大きく認知されるようになり、MicrosoftとGoogleが現在進めている、AIツールを多くの製品に深く統合する動きを一蹴する役割を一部担っていた。


Source

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする