TSMC、3nmの生産を間もなく開始する計画を明らかに

TSMCが、まもなくN3(3nmクラス)製造プロセスによる生産を開始すると、新竹で開催された年次技術フォーラムで明らかにしたとNikkei Asiaが報じている。同社はN3プロセスを最初に使用する予定の顧客を明らかにはしていないが、非公式な情報によると、AppleがTSMCの最先端ノードの最初の顧客になるようだ

以前より、非公式の情報筋はTSMCが9月にN3製造ノードでのチップ生産を開始する意向だと示唆していたが、同社がまだ最先端ノードでの製品製造を開始していないこと、3nmチップの量産(HVM)を「まもなく」開始する予定であることを確認したのはこれが初めてである。

2020年にHVMに入ったTSMCのN5プロセスと比較すると、ファウンドリの第1世代N3プロセスは、10%~15%の性能向上(同じ電力と複雑さの場合)、25%~30%の消費電力削減(同じ速度とトランジスタ数の場合)、そして約1.6倍のロジック密度の向上を約束している。

N3E vs N5N3 vs N5
速度向上率(同じ電力の場合)+18%+10% ~ 15%
電力削減率(同じ速度の場合)-34%-25% ~ -30%
ロジック密度1.7倍1.6倍
HVMスタート2023 年第 2 四半期/第 3 四半期2022 年下半期

N3にはその後にも改良版のノードが複数用意されており、順次追加される予定だ。N3Eはプロセスウィンドウの改善、N3Pは性能の向上、N3Sはトランジスタ密度の向上、N3XはCPUなどのアプリケーション向けにさらなる性能最適化を実現するとのことだ。3nmファミリーのノードは今後何年にもわたって使用されることになる。

tsmc roadmap june 2022
TSMCの今後のロードマップ(Credit: TSMC)

N3の主な特徴の1つは、ファブレスチップ開発者の設計柔軟性を大幅に向上させたTSMCのFinFlexテクノロジーだ。この技術により、設計者は1つのブロック内で異なる種類のスタンダードセルを混在させ、性能、消費電力、面積を正確に最適化できるようになり、高トランジスタ密度と高クロックを両立しなければならないCPUやGPUコアなどの複雑なデバイスに特に有利になる。その結果、Apple、AMD、Intel、MediaTek、NVIDIAなど、複雑なシステムオンチップを構築する企業は、FinFlexの恩恵を受けることができる。

finflex tsmc
FinFlex技術の説明(Credit: TSMC)

TSMCの最大の顧客であるAppleは、このファウンドリのN3技術を採用する最初の企業となる見込みだが、同社がこのノードを使用して具体的に何を生産する計画なのかは不明である。その後、この技術はIntelのほか、AMD、NVIDIA、MediaTek、Qualcommなど、TSMCの他の顧客企業にも採用される予定だ。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする