Appleが景気後退に備え、2023年に雇用と支出削減を計画している模様

Apple Park 上空からの映像

Appleは、iPhone 15 Pro Maxに初めてペリスコープレンズズームを導入することや、新しいMacBook ProiPad Proの発売がうわさされるなど、2023年にも積極的な製品の発売を予定していると言われているが、世界最大のテクノロジー企業といえど、迫り来る景気後退の波には逆らえない。Bloombergの報道によると、一部のチームについて雇用と支出の両方を削減する計画であるとのことだ。

一部の事業は影響を受けるが、AppleのARヘッドセット発売は影響を受けない模様

今回の報道も、おなじみBloombergのMark Gurman氏によって報告されたものだ。同氏によると、Appleはこの減速を全部門に持ち込まない見込みで、ARヘッドセットの発売には影響がないとのこと。

この決定は、全社的な方針ではありませんが、不確実な時代に、より慎重になるための動きから生じていると、審議は非公開であるため、特定しないことを求めた関係者は述べています。この変更はすべてのチームに影響するわけではなく、Appleは2015年以来の主要な新カテゴリーである複合現実型ヘッドセットを含む、2023年の積極的な製品発売スケジュールをまだ計画しています。

また、雇用削減のもう一つの理由は、少し前にAppleがロシアでの販売停止を余儀なくされたロシア・ウクライナ戦争と関係があるようだ。その上、カリフォルニアに本拠を置く巨大企業はサプライチェーンの問題とも無縁ではなく、度重なる「ゼロコロナ政策」によるロックダウンからの生産遅滞によって、iPadシリーズの生産を中国から移行することも計画している。

Appleは情報を公にしていなかったが、最近の分解報告によると、この景気後退のため、同社はM2 MacBook Proや、出たばかりのM2 MacBook Airで単一のNANDフラッシュを使用することでコスト削減策に頼っている可能性もある。NANDフラッシュを1枚にすることは、読み出しと書き込みの性能に悪影響を及ぼすが、コスト削減効果も見込めるからだ。

世界経済は現在、とてつもないインフレ圧力に直面している。2022年の世界のインフレ率は6.7%に上昇すると予測されており、これは2010年から2020年の間に記録された平均2.9%の2倍にあたりる。今年6月に発表された2022年国連経済分析報告書によると、米国のヘッドラインインフレ率は過去40年間で最高水準に達している

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする