1インチの巨大センサーにLeicaの光学系を搭載したXiaomi 12S Ultraが発表

© Xiaomi

先日、スマートフォン“史上初”の1インチセンサー「IMX989」を搭載する事が予告されていた、Xiaomi 12S Ultraが本日正式に発表された。同時に12S及び12S Proも発表している。12Sシリーズはカメラを「Leicaと共同開発した」とのことだが、、間違いなく再注目は巨大な背面カメラユニットを備えた12S Ultraだろう。

Leicaと提携しカメラを共同開発

新しいXiaomi 12S Ultraは、カメラユニットの巨大さから、コンパクトデジカメにAndroidが搭載されたような外観となっている。今回新たに搭載された、Sony製の1インチカメラセンサー「IMX989」は、低照度下における画質の改善に大きく寄与するはずだ。この1インチセンサーは、クアッドベイヤー配列で50.3MPの解像度を誇りる。また、4-in-1ピクセルビニングによって、4つのピクセルを合わせて1つにすることで、3.2µm 12.5MP相当のスーパーピクセルを再現し、低照度下での画質改善に貢献するという。

Xiaomi 12S Ultra 2
Leicaと共同開発したカメラ。ユニットが巨大だ(出典:Xiaomi)

その他、48MPの超広角カメラと、光学5倍ズームと最大倍率120倍に対応する48MPの望遠カメラも搭載している。レンズは、Leicaの誇るSummicronレンズを搭載だ。

236053ad1c9da058c97b236081dbf5da

新しいカメラシステムは、ノイズを低減し、より広いダイナミックレンジで低照度での撮影品質を向上させている。さらに、Xiaomiは、12S UltraがDolby Vision HDRビデオを撮影する最初のスマートフォンであるとしている。また、Xiaomiは、Leica Authentic LookとLeica Vibrant Lookという2つの写真スタイルを提供する予定だ。この2つのモードは、写真の影のコントラストと深みの強化に重点を置いた自然な画像を再現するという。

ディスプレイは、6.73インチのAMOLEDパネルに120Hzのリフレッシュレートとパンチホール32MP自撮りカメラを搭載。Xiaomiの “3D冷却システム “を搭載した「Snapdragon 8+ Gen 1チップ」を搭載している。この最新チップにより、パフォーマンスとバッテリー寿命が大幅に強化されているまた、12S Ultraは4,860mAhのバッテリーを搭載し、67Wの有線充電、50Wのワイヤレス充電、10Wのワイヤレス給電機能を搭載している。

Xiaomi 12S Ultra 3
6.73インチの12HzのAMOLEDパネル搭載(出典:Xiaomi)

Xiaomi 12S Ultraを8GBまたは12GBの構成で、それぞれ256GBまたは512GBのストレージ容量となっている。さらに、Dolby AtmosをサポートするHarman Kardonブランドのデュアルスピーカーも搭載だ。

xiaomi12sultra
Xiaomi 12 S Ultraのスペック一覧(出典:Xiaomi)

重量は225gで、IP68の防水・防塵性能となる。カラーは、クラシック・ブラックとバーダント・グリーンの仕上げで、背面にはレザー調の仕上げが施され、Leicaのカメラの様な高級感とクラシック感が感じられるデザインだ。発売は7月8日となる。

9673c98301f7ceaddaaa1b8abe235c21
カラーバリエーションは2種類(出典:Xiaomi)

同時にXiaomiは、Xiaomi 12SとXiaomi 12S Proも発表した。12Sは、120Hz表示の6.28インチAMOLEDディスプレイを搭載し、4,500mAhのバッテリーを搭載したモデルだ。Xiaomi 12S Proは、120Hz表示の6.73インチディスプレイと4,600mAhのバッテリーを搭載している。両モデルとも、Qualcommの最新チップ「Snapdragon 8 + Gen 1」を搭載している点で、カメラ以外はフラグシップ機並みと言える。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする