QualcommのノートPC向け最新プロセッサーはAppleのM2よりも最大55%も遅かった

Qualcommの、ノートPC向けARMベースのチップ「Snapdragon 8cx Gen 3」は、同社が誇る最新の物で、現状市場に出回っているノートPC向けのARMベースチップとしては最速の物だが、Appleの最新M2チップと比較したとき、その性能差は大きな開きがあるようだ。

Source

Snapdragon 8cx Gen3は、現在、Windowsを搭載した1200ドルのARMノートであるLenovo ThinkPad X13sにのみ搭載されている。実際にどの程度の性能があるのか、TwitterにてSkyjuice氏が公開している。

Snapdragon 8cx Gen 3
Lenovo ThinkPad X13s(出典:Skyjuice氏

Lenovo ThinkPad X13sのGeekbench 5によるテストの結果は、シングルコアのスコアが1111マルチコアのスコアが5764となった。同じテストに関して、M2は、以前のベンチマークレポートで、シングルコア・スコア1919マルチコア・スコア8928を記録していた。

M2 CPU scores 1

結果を比較する限り、Snapdragon 8cx Gen3は、マルチコアカテゴリでM2よりも55%遅くなっている。ちなみにこのスコア、2020年に発売されたM1よりも遅いのだ。これは実に驚くべき結果で、このスコアの差は、あるアナリストが、AppleがARMノートブック分野で優位に立ち、競合他社に対して最大3年のリードを持っていると発言したことを裏付ける内容になるだろう。

Qualcommは以前、AppleのMシリーズに対抗するために、Nuviaの買収を利用して将来のチップセットの性能を強化すると述べていた。発売時期の具体的なアナウンスはないが、おそらくQualcommとしては、将来のフラッグシップスマートフォン用SoCであるSnapdragon 8 Gen 2と一緒に、今年の後半にプレビューを提供するのではないだろうか。

ただし、Appleが競合他社が新しいチップによって巻き返しを図ろうとするのを手をこまねいて見ているわけではない。実際、レポートによると、より高速なM2 ProとM2 Maxは今年後半にTSMCの最先端の3nmアーキテクチャで大量生産され、M1 ProとM1 Maxよりも電力効率が高くなるとのことだ。

果たして3年の開きがある状況を、この短期間でQualcommが挽回できるとも思えないが、徐々にでも距離が縮まり、いつか追い抜く日が来るだろうか。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする