DJI Mavic 3のファームウェアアップデートが配信 – IMUキャリブレーションの問題を修正

DJIドローンMavic 3」について、新たなファームウェアアップデートが配信された。

Mavic 3では、6月1日にリリースされた0700ファームウェアアップデートがリリースされたが、それによって、一部ユーザーにIMUキャリブレーションが実行不可になる不具合が発生してしまった。今回のアップデートは、この不具合を修正する物となる。

ドローンにおける、コンパスやIMUといったセンサー類は、ドローンが風にさらされても、上空で安定した飛行を維持するためにとても重要な役割を担っている。そのため、これのキャリブレーションはとても重要な作業である反面、自動とは言え時間がかかりすぐに飛ばしたいと言うときには面倒も伴う。

最新型のドローンでは、毎回飛行前にキャリブレーションを行う必要がなくなっている。もしコンパスとIMUのキャリブレーションが必要な場合は、DJIアプリにメッセージがポップアップ表示されるようになっている。

ただ、今回このIMUキャリブレーションが実行できないという不具合が発生したため、ユーザーは安心して飛行を楽しむことが出来なくなっていた。

この問題に対するDJIサポートの最初の対応は、IMUをキャリブレーションするための以下のヒントをユーザーに提供することだった。

  • キャリブレーションを行う際は、機体を揺らさず、水平を保つようにしないと、温度キャリブレーションに失敗する可能性があります。
  • キャリブレーションに失敗した場合は、製品の電源を入れなおしてください。それでもIMUのキャリブレーションが必要である旨のプロンプトが表示される場合は、再度IMUのキャリブレーションを行ってください。プロンプトが表示されない場合は、IMUのキャリブレーションを行う必要はありません。

しかし、こういったを行ってもエラーは解決せず、このエラーを解決するには、ファームウェアのアップデートが必要であることがすぐに判明した。

本日リリースされたファームウェアv01.00.0800は、Mavic 3 IMUキャリブレーションの問題の解決に特化したものとなる。これに伴い、DJI RC Proリモートコントローラーのファームウェアもv03.01.0800に更新され、いくつかのマイナーなバグに対処している。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする