DJI Mavic 3の多くの機能改善を含む新しいファームウェアアップデートが配信

スポンサー広告

DJIの最新プロ向けドローンMavic 3」について、新たなファームウェアアップデートが配信された。ユーザーの不満を改善するだけでなく、新機能を含むかなり多くの内容となっている。既存ユーザーには嬉しい内容だ。

最新ファームウェアに搭載されている改善点と新機能の完全なリストを以下に転載する。ただし、その前に、RC-N1リモートコントローラーファームウェアをv04.13.0600に更新する、もしくは、DJI RC Proリモートコントローラーファームウェアをv03.01.0700に更新する必要がある。また、新機能を表示するには、DJI Flyアプリ(iOSとAndroidの両方)をv1.6.4に更新する事も必要だ。

DJI Mavic 3 2022年5月31日ファームウェアアップデート

  • シングルショット、AEB、バースト、タイムドショットを含むフォトモード、JPEG、RAW、JPEG+RAWフォトフォーマット、ISOとシャッタースピードの設定をサポートするTele Cameraのスイッチを追加しました。
  • ビデオモードのTele Cameraにスイッチを追加し、4K@25/30/50fps、1080p@25/30/50fpsフォーマット、ISOとシャッタースピードの設定に対応します。
  • ハッセルブラッドカメラのHLGを追加。
  • Hasselbladカメラ使用時のSlow Motionに1080p/200fpsを追加。
  • MasterShotsとQuickShots(Asteroidを除く)を撮影するためにHLGとD-Logを追加します。
  • Hasselbladカメラ使用時、通常のビデオモードでデジタルズームが最大3倍まで拡大されます。
  • Wide-Angle Lens装着時のFocusTrack、QuickShots(Asteroidを除く)、MasterShots、Hyperlapseの機体への対応を追加しました。
  • Mavic 3 Cine の Hasselblad カメラに ProRes 422 および ProRes 422 LT フォーマットを追加。
  • Mavic 3 CineのHyperlapse使用時のインターバル時間設定に1秒のオプションを追加。
  • DJI Mavic 3 D-Log を Rec.709 vivid LUT に追加し、より鮮やかなカラーエフェクトを提供します。LUTはDJIサポートウェブサイトからダウンロードできます。
  • APAS 5.0使用時にバイパスするための新しいオプションが追加されました。このオプションは、ダイナミックな映像を優先させる場合に有効です。スムーズな軌道を描きながら、以前のオプションよりもはるかに近くで障害物を迂回することができるようになります。
  • 全設定リセットと全データ消去のオプションを追加(詳細はMavic 3ユーザーマニュアルv1.6をご参照ください)。
  • 日本のRID要件に対応しました。
  • ホームポイントのリフレッシュレートを向上。
  • テレカメラでの撮影時のフォーカス性能を最適化。
  • ハイパーラプス撮影時の機体の安定性を最適化。
  • 飛行高度制限区域付近を飛行中にHyperlapseを使用できない問題を修正。

RC Proコントローラーのファームウェアアップデートでは、いくつかのマイナーなバグの修正に加えて、ボタンとダイヤルのカスタム機能も追加されている。

面白かったらぜひシェアを!
masapoco
masapoco

TEXAL管理人。中学生の時にWindows95を使っていたくらいの年齢。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題が得意だが、テクノロジー関係の話題も大好き。最近は半導体関連に特に興味あり。アニメ・ゲーム・文学も好き。最近の推しは、アニメ『サマータイムレンダ』

記事本文: 6315

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です