WWDC 2022でM2搭載MacBook Airが発表される可能性

Macbook Air

Appleは、6月6日(現地時間)より、WWDC 2022を開催し、iOS 16、iPadOS 16、macOS 13、watchOS9などを発表する予定だ。それと共に、いくつかのハードウェアが発表されるとの噂もあったが、今回その噂を補完する形で新たな情報がBloombergからもたらされた。報道によると、AppleはWWDC 2022にて、M2チップを搭載した、再設計されたMacBook Airを発表する可能性が高いとのことだ。

この記事の要点
  • 新たなM2チップを搭載した、MacBook AirがWWDC 2022で発表される可能性があるとの報道
  • 複合現実ヘッドセットはまだ登場しない可能性も

M2チップと共に新たなMacが登場か?

Bloombergの記者Marc Gurman氏によると、M2チップを搭載した再設計されたMacBook Airは、AppleがWWDC 2022イベントで発表する可能性のある製品の1つだとのことだ。ただし、可能性は高いが、サプライチェーンの問題が発売期間を複雑にしていることを示唆している。

WWDCでハードウェアの発表があるとすれば、それはMacについてだろう。同社はこのカンファレンスで、M2チップを搭載した次期MacBook Airを発表することを目指してきた。最近は中国でのCovid関連の閉鎖によるサプライチェーンの逼迫がそれを複雑にしているが、開発者によれば、Appleの社員が次世代MacBook Airをアプリで使うことが増えてきているという。それは新型Macの登場が近いということの表れだ。

Marc Gurman氏 – Bloomberg

Appleの新たな複合現実ヘッドセットについても、先日このヘッドセットに搭載されると見られる「RealityOS」の商標登録申請が明らかになった事もあり、このイベントで展示されると噂されていたが、その可能性は低いとGurman氏は考えている。

新しいハードウェアの面では… Appleの次期複合現実型ヘッドセットは本格的に始動していますが – 先日の同社取締役会でのデバイスのデモンストレーションがそれを裏付けています – 私は来週、開発者や消費者向けの本格的なプレゼンテーションを期待するのは用心した方がいいと思います.

WWDC 2022は、Appleが今後発表するiOS 16、iPadOS 16などのソフトウェアアップデートの紹介がメインになるだろう。iOS 16では、iPhone 14 Proモデルが常時表示機能を搭載する事に合わせてOSが対応し、「メッセージにソーシャルネットワークのような機能が搭載される」と報じられた。M2チップを搭載した新しいMacBook Airについては、年末まで登場しないのではないかと言われたこともあったが、M2チップの予想外に早い登場と合わせて、今年のWWDCの「One more thing…」になるかも知れない。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする