iOS 16には常時表示モードとソーシャルネットワークのような機能が搭載される?

Appleは、6月6日(現地時間)より、WWDC 2022を開催し、新たなソフトウェアアップデートを大量に発表する物と見られているが、今回iOSの最新版「iOS 16」についての新たな情報がBloombergからもたらされた。それによると、メッセージアプリに「ソーシャルネットワークの様な機能」が搭載され、iPhone 14 Proモデルに関しては、常時表示機能が提供されるとのことだ。

この記事の要点
  • iOS 16には、ウィジェットのような機能を持つ新たな壁紙機能が搭載されるとの噂
  • このウィジェットのような機能は、一部の新型iPhoneでもたらされると言われる常時表示機能への布石の可能性
  • iOS 16には更にメッセージアプリに「ソーシャルネットワークのような機能」が搭載されるとの噂

ロック画面の刷新はAlways-Onへの布石か?

Bloombergの記者Marc Gurman氏によって、WWDC 2022でiOS 16に搭載されると予想される変更点のいくつかが明らかにされている。それによると、次期iOSでは、“ウィジェットのような機能を持つ壁紙”が表示されるようになる、アップデートされたロックスクリーン機能が搭載されるとのことだ。このiOS 16の新しいロック画面は、今年後半にiPhone 14 Proモデルで登場すると噂される、“常時表示機能Always-On)”の可能性を示唆する物と考えられる。ただし、現行機や、iPhone 14などではこの常時表示機能はハードウェア的な問題もあり搭載されないだろうとのことだ。

iPhone 13 Proモデルは現在、120Hzと10Hzの間でリフレッシュレートを変化させられる機能を持つLTPOパネルを搭載しているが、iPhone 14 Proモデルでは、リフレッシュレートの下限を1Hzまで下げることができるアップグレードされたLTPOパネルを搭載すると予想されている。これは、既に常時表示機能を搭載しているApple Watchと同様のスペックだ。

もし噂が本当なら、iPhone 14 Proはハードウェアの制限がないため、Always-On機能を搭載してくるかもしれない。

このほか、AppleはiOS 16の発売と同時に、メッセージに「ソーシャルネットワークのような機能」をもたらすとの予想も述べている。そして少し前に、iOS 16には新しいAppleアプリとともに、システムとの新しいインタラクション機能が搭載されると言われていたが、今回もう少し踏み込んだ内容を報じている。

メッセージでは、ソーシャルネットワークのような機能、特にオーディオメッセージに期待したい。Apple TVのOSであるtvOSは、スマートホームとの連携を強化し、Macはアプリの再設計と、システム環境設定の必要なオーバーホールを行い、iOSの設定とより近いものにする予定だそうです。これには、アプリごとに設定を整理することも含まれます。

Mark Gurman氏 Bloomberg

これらは現段階では単なる憶測に過ぎないが、いずれにしろもうすぐWWDC 2022が開幕され、そこで全てが明らかになるだろう。

TEXALでは、テクノロジー、サイエンス、ゲーム、エンターテインメントなどからその日の話題のニュースや、噂、リーク情報、レビューなど、毎日配信しています。最新のニュースはホームページで確認出来ます。GoogleニュースTwitterFacebookでTEXALをフォローして、最新情報を入手する事も出来ます。記事の感想や、お問い合わせなども随時受け付けています。よろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

TEXAL管理人。学校の授業でMS-DOSを使っていたくらいの年代。Windows95の登場で衝撃を受け、テクノロジー業界に興味を持つ。以来ガジェット・ゲーム情報を追い続けてうん十年。大学では物理を専攻していたこともあり、物理・宇宙関係の話題も大好き。

コメント

コメントする