あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

進化の歴史においてサイコパスが繁栄してきた理由と、その変化の可能性

気が付くと、サイコパスはどこにでもいるように見える。これは、特に権力のある場所にいる人々に当てはまる。ある推定によると、ビジネスリーダーの20%もが「臨床的に適切なレベル」のサイコパス傾向を持っているそうだ – 一般人口の1%しかサイコパスと考えられていないにもかかわらず。サイコパスの特徴は、浅はかな感情、共感の欠如、不道徳、反社会的行動、そして重要なのは、人を欺くことである。

進化の観点から見ると、サイコパスは不可解である。サイコパスの特徴が非常に否定的であるにもかかわらず、なぜ世代を超えて残っているのだろうか?サイコパスは、生物学者の言葉を借りれば、「不適応」、つまり不利であるように思われる。この系列の障害に遺伝的要素があると仮定すると、時間の経過とともに減少していくことが予想される。

しかし、実際にはそうではない。少なくともある文脈では、この傾向が進化上有益であることを示す証拠があるのだ。私自身の研究によれば、その理由は、望ましい資質をごまかす能力によるものだと思われる。

ごまかしの力

信頼と信用は、人間の社会的進化を語る上で重要な要素である。進化論的に言えば、最も成功した人々は、信頼できる、または信頼できるとみなされる人々である。

信頼はさらに協力を促し、道具を開発し、都市を建設し、世界中に-たとえ最も人を寄せ付けない環境であっても-拡散するのに役立った。このようなことは他のどの生物種も成し遂げたことがないため、人間の協力関係は自然界の驚異となっている。

しかし、文化的集団が大きくなりすぎて個人を特定できなくなると、出会った人々が協力的であることを確認する方法が必要になった。野生で狩りをするとき、見知らぬ人を信用するよりも、親や兄弟を信用する方が簡単だ。見知らぬ人に襲われたり、肉を分けてもらえないかもしれない。

見知らぬ人に協力するには信頼が必要で、危害を加えないことを納得してもらわなければならない。しかし、信頼できるふりをして、あなたを殺したり、あなたの肉を盗んだりすることもあり得るのだ。

このような詐欺師は、より多くの食料を手に入れ、おそらく他の疑うことを知らない人々から良いハンターだと思われるため、有利になる。だから、詐欺師は詐欺師でない人にとっても問題なのだ。

そのため、文化的集団は、協力的なパートナーシップにおける不正行為を思いとどまらせるために、罰などの強力なツールを開発したと考えられている。また、進化心理学者は、人は誰かが浮気しそうなときにそれを見分ける「浮気者発見能力」と呼ばれるものを進化させたと主張している。このため、特に罰の厳しい集団では、不正行為者が不利になる。

このアプローチは、安全なときに他人を信頼する能力に依存している。信頼とは一種の認知的ショートカットに過ぎないと主張する人もいる。誰かが信頼に足るかどうか、ゆっくりじっくりと判断するのではなく、私たちはいくつかのシグナルを、おそらく無意識のうちに探して判断しているのだ。

私たちは毎日このようなことを行っている。レストランの前を通りかかり、昼食に立ち寄るかどうかを決めるとき、そのレストランの経営者が宣伝しているものを売っているか、その店は衛生的か、食事の値段は妥当か、などを信用するかどうかを選んでいるのだ。信頼とは、あらゆるレベルで日常生活の中に存在するものなのだ。

しかし、このことは私たちに問題を提起している。私が研究の中で提案しているように、社会が複雑になればなるほど、人々は協力的な性向を偽ることが容易になる。それが、お店で高い料金を取ることであれ、多国籍のソーシャルメディア企業を倫理的に運営することであれ、だ。そして、罰を避けながら不正を行うことは、進化論的に言えば、今でも人が取り得る最善の戦略なのだ。

martin zaenkert z E2PJsmcTg unsplash

では、この枠組みの中で、サイコパスであること以上に良いことはあるのだろうか?現代のよく使われる言葉を間違って使えば、「成功するまで偽る」ことが効果的だ。自分にとって有益である限りにおいてのみ、他人から信頼を集め、その人が必要なくなったときに信頼を裏切るのだ。

このように考えると、サイコパスが少ないのは驚くべきことだ。彼らは不釣り合いな数の強力なポジションを占めている。彼らは他人を悪用する際に後悔の念を抱くことはない。彼らはより多くの人間関係を持っているようにさえ見える。これは、彼らが進化の成功の決定的な基準である繁殖の成功に何の障害も直面していないことを示唆している。

なぜサイコパスは増えないのか?

なぜこれらの障害がもっと一般的でないのかについて、納得のいく理論がいくつかある。明らかに、もし全ての人がサイコパスだったら、私たちは常に裏切られ、おそらく他人を信頼する能力を完全に失ってしまうだろう。

さらに、サイコパスはほぼ間違いなく部分的にしか遺伝せず、「人間の表現型の可塑性」と呼ばれるもの(異なる状況下で遺伝子が異なる表現をする生来の能力)に大きく関係している。

例えば、サイコパスの特徴である冷淡さや無感情は、困難な生い立ちの結果であると考える人もいる。幼い子どもは、世話や愛情を受けない限り、感情的になる可能性が高い。これは、破滅的なトラウマを防ぐための、進化上の安全装置のようなものだ。

とはいえ、異なる国の人々が同じ特徴をサイコパスと関連付けるわけではない。例えば、ある異文化研究によると、イラン人の参加者は、アメリカ人とは対照的に、人を欺くことや表面的なことをサイコパスの兆候として評価しないことが分かった。しかし、一般的な考え方としては、そのような特性を持つ遺伝的素因を持つ人がいる一方で、その傾向は主に悲劇的な家庭環境で育つということだ。

サイコパスに病的な魅力を感じる人は、その興味の対象が、しばしば社会が人々を支援することに失敗した悲しい産物であることを認識すべきである。

しかし、サイコパスの文化的背景は、希望の光となる可能性がある。サイコパシーは、少なくとも部分的には、人々がひどい苦難に直面しても–やはり進化論的に言えば–成長することを可能にする一連の特性である。しかし、私たちは、社会として、望ましい資質とは何かを再定義しようとすることは出来ない。

出世に役立つからという理由だけで、良い人や信頼できる人であることに焦点を当てるのではなく、それ自体のためにこれらの資質を促進することは、反社会的傾向を持つ人々が、下心なしに他者に良く接するのに役立つかも知れない。

しかし、病的な偽者が称賛され、成功する傾向がある世界では、倫理という観点から成功を再定義することが、前進への道となるかも知れない。

進化の驚くべき点は、最終的に私たちがその形成を助けることができるということだ。


本記事は、Jonathan R Goodman氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「Psychopaths: why they’ve thrived through evolutionary history – and how that may change」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする