あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

地理空間情報とは何か?地図とデータの強力な融合を地理学者が解説

米国南部では記録的な気温が続き、北部ではカナダの山火事の煙が立ちこめ、北東部では歴史的な洪水が発生し、南東部では強力なハリケーンが襲来するなど、2023年の夏は大多数のアメリカ人の安全を脅かすさまざまな脅威に見舞われた。このような状況の中で、朗報がある:地理空間情報は、政府や組織が地域社会を守るのに役立つ貴重な洞察を提供してくれた。

地理空間情報とは、人工衛星、モバイル・センサー、地上管制ステーション、航空画像などのテクノロジー・ネットワークからデータを収集・統合することである。そのデータを使ってリアルタイムの地図やシミュレーションを作成し、脅威がいつ、どこで、どの程度出現しそうかを特定するのに役立てる。政府関係者、個人、あるいはその両方が、情報に基づいた意思決定を行うためにこの情報を利用することができる。

災害は突然に、そしてゆっくりと

地理空間情報の長年にわたる貢献のひとつは、緊急事態への備えと対応である。たとえば、国立ハリケーン・センターは熱帯低気圧の位置、形成、軌道を積極的に監視している。あるハリケーンの時期、位置、強さに関する詳細な情報は、当局が資源や人員を配分したり、暴風雨警報や避難命令を出したりするのに役立っている。

地理空間情報はまた、災害後の捜索救助や復旧活動にも貴重な指針となる。たとえば、2023年2月にトルコとシリアを襲ったマグニチュード7.8の地震の直後、地図と航空画像は被害の範囲と被災者を迅速に特定した。さらに、最初の対応者が生存者を救助し、救護所を設置し、緊急物資を提供するための交通網のアクセスポイントを見つけるのにも役立った。

file 20230811 15

地理空間情報のもうひとつの用途は、環境モニタリングである。安定した環境は人間の健康と安全保障にとって不可欠である。気温、降水量、積雪量、極域の氷を監視することは、科学者や政府関係者が潜在的な擾乱を予測し、それに備えるのに役立つ。

例えば、ある地域の過去、現在、そして予測気温といった気温プロファイルを把握することで、その地域がいつ、どこで、どの程度、熱波などの影響を受けやすいかという情報を得ることができる。熱波はしばしば、人的被害、エネルギー需要の増大、農作物への被害をもたらす。気候変動が極端な気象現象を激化させるにつれ、人間の安全やセキュリティに対する脅威も増加する可能性がある。

軍事・民間ロジスティクス

ロシアとウクライナの戦争も、地理空間情報が貢献した分野である。商業衛星画像を扱うMaxar Technologies社は、2022年2月にキエフに向かうロシア地上軍の全長40マイルの車列を最初に報告した。

政府はこれまで、情報関連情報を公開するかどうかを選択することができたが、商業衛星会社は現在、この種の情報を一般に提供する上で重要な役割を果たしている。このように、地理空間情報は報道の自由の延長線上にある。

地理空間情報のもうひとつの用途は、輸送、ロジスティクス、グローバル・サプライチェーンである。世界経済は、空間データを生成するGPSで動いている。GPSは政府、企業、そして人々に、船舶や貨物の時間、位置、行き先に関する詳細な情報を提供します。これにより、効率性が向上し、より一貫性のある信頼性の高いオペレーションが可能になる。

地理空間情報は、自律走行車の展開にも役立っている。1ピクセルあたり約1フィート(30cm)の高解像度画像を使用することで、都市計画者やエンジニアは、自転車レーンや交通方向など、地上のマーキングや特徴を検出することができる。これらの進歩は、プランナーがより安全で、よりスマートで、より効率的で、よりつながりの強いコミュニティを構築するのに役立っている。

地理空間情報のもうひとつの利用法は、デジタル・ツインの開発、実装、評価に貢献することである。デジタル・ツインとは、現実のシステム(建物や都市など)を仮想的に表現したもので、システムの特性を模倣し、システムの状況の変化を反映してリアルタイムで更新することができる。

デジタル・ツインは、意思決定を改善するために、多くの民間および軍事環境で使用されている。変化をモデル化し、結果を予測するのに役立つ。デジタル・ツインは、天候や地形をシミュレートすることで、軍隊や平和維持軍が戦略を策定し、実行するのに役立つため、紛争環境において非常に効果的である。

高まるニーズ

地理空間情報の必要性はかつてないほど高まっている。今世紀末までに平均気温は華氏2度から9.7度(摂氏1.1度から5.4度)上昇すると予測されている。世界の人口は2100年までに110億人に達すると予想され、都市部はますます密集し、災害が起こりやすくなっている。過去の再現、現在の説明、未来の予測など、地理空間情報は、人々とコミュニティの安全を守るための貴重な情報を提供する。

驚くなかれ、地理空間情報産業は2020年の610億米ドル企業から、2030年には2,090億米ドル以上に成長すると予測されている。世界は急速に変貌を遂げており、地理空間情報は安全で安定した情報化された未来に向けて、ますます重要な役割を果たすようになっている。


本記事は、Darren Ruddell氏によって執筆され、The Conversationに掲載された記事「What is geospatial intelligence? A geographer explains the powerful melding of maps and data」について、Creative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、翻訳・転載しています。

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする