探査機ボイジャー、190億kmの距離を越えてソフトウェアアップデートを受ける

masapoco
投稿日 2023年10月24日 13:44
1 Voyager artists concept 16

NASAのボイジャー1号ボイジャー2号が宇宙探検の壮大な旅に出てから約46年、190億km以上の彼方に位置するこれらの宇宙船が、この度遠隔でのソフトウェアアップデートを受ける事になった。

1つのアップデートはソフトウェアの修正で、ボイジャー1号が昨年送信し始めた破損したデータに対処するためのもので、もう1つのアップデートは両探査機のスラスターに汚れが蓄積するのを防ぐことを目的としている。これらのアップデートを組み合わせることで、探査機ボイジャーと地球とのコンタクトを可能な限り長く保つことができる。

NASAジェット推進研究所のミッション・プロジェクト・サイエンティストであるLinda Spilker氏は声明の中で、「ミッションが始まってここまで、エンジニアリング・チームは、戦略がまったくない多くの課題に直面しています。しかし、彼らは創造的な解決策を考え出し続けています」と、述べている。

NASAジェット推進研究所(JPL)のボイジャー・チームは、まずボイジャー2号にソフトウェア・パッチを送信したことを確認した。探査機は190億km以上離れているため、データが届くまでに18時間かかった。ソフトウェアを初期化することで、探査機のソフトウェアの他の部分が上書きされたり損傷したりすることが懸念されている。年齢と距離を考えると、うまくいくかどうか確かめる方法はない。

2022年に発生した通信問題は、地球から241億km離れたボイジャー1号を直撃した。JPLは当時、ボイジャー1号が破損したテレメトリデータを送信し始めたのは、姿勢連動制御システム(AACS)が間違ったオンボードコンピュータを通してデータを送信していたためだと述べた。チームは最終的に、AACSシステムに正しいコンピューターに切り替えるよう指示することでこれを修正した。ボイジャー2号がこの問題を経験することはなかったが、ハードウェアとソフトウェアのレベルでは同じである。

JPLによれば、エンジニアは何ヶ月もかけてコードを書き、チェックし、再チェックしてきたという。パッチが送信された今、チームはボイジャー2号のAACSメモリの完全な読み出しを完了し、パッチが意図したとおりに機能していることを確認している。問題がなければ、JPLは10月28日にボイジャー2号にコマンドを送信し、その機能をテストする。ボイジャー1号はより遠くにあるため、そのデータはボイジャー2号よりも価値が高い。そこでNASAは、まずこの探査機にパッチをインストールすることにした。すべてがうまくいけば、近い将来、同じソフトウェア・パッチをボイジャー1号にも送る予定だ。

ボイジャー探査機が直面している問題はこれだけではない。つい数カ月前、NASAはボイジャー2号のアンテナの位置合わせを誤り、1週間にわたってオフラインになったこれらの探査機の発電量の低下も、2023年初頭に安全システムの停止を促した。

ボイジャー1号と2号は1977年に打ち上げられ、恒星間空間に進む前に外惑星を訪問した。ボイジャー1号と2号は、我々の小さな宇宙空間の外側の状況を直接観測できる唯一の探査機であるため、NASAはできるだけ長く稼働させたいと考えている。ボイジャー宇宙船は、少なくとも2026年までは稼働し続けると予想されている。


Source



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • wikipedia
    次の記事

    AIがWikipediaの信頼性を高めることが出来るかも知れない

    2023年10月24日 16:02
  • 前の記事

    Google、独占禁止法違反の疑いで公正取引委員会が意見募集

    2023年10月24日 13:26
    google logo blur

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事