あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Video Electronics Standards Association(VESA)は、マルチ解像度の組み合わせをサポートし、パッシブケーブルの長さを1メートルから2メートルに倍増させた新しい「DisplayPort 2.1a」規格を発表した。DisplayPort 2.1aは今年後半に新しいディスプレイと次世代GPUとともに市場に投入される予定だ。

新しいDP54超高ビットレート(UHBR)ケーブルは、UHBR13仕様を導入し、UHBR10仕様を使用するDP40仕様の後継となる。この新しい規格はさまざまな電子機器に利用されるが、主に超ワイドスクリーンやマルチディスプレイのセットアップに有益である。

具体的には、この変更はDP40 UHBRケーブル仕様に適用され、新しいDP54 UHBRバージョンに置き換えられる。新しいバージョンでは、最大4レーンのUHBR13.5リンクレートをサポートし、2メートルのパッシブ・ケーブルで最大54Gbpsのスループットを可能にする。

この追加により、DisplayPort 2.1aは、UHBR13.5 GPUからディスプレイ接続、すなわちDisplayPort接続からディスプレイへのパッシブケーブル長を実質的に2倍にする。以前は、UHBR13.5は最大1メートルのDP80 UHBRケーブルでのみ利用可能だった。

エンドユーザーにとって、これは最終的に、ビデオソースからモニターをより遠くに設置できるようになること、あるいは、少なくともケーブルの長さをより長く確保できるようになり、よりクリアなワークスペースを実現できるようになることを意味する。

このケーブルの長さの変更と帯域幅の向上は、新世代のモニター、テレビ、グラフィックカード、さまざまな用途のシンク(通常はディスプレイ)とソースデバイスに対応するものだ。

DP2.0規格と互換性のあるケーブル長

UHBR13.5をサポートするハードウェアとケーブルを使用するユーザーは、240 Hzで8K2K、または120 Hzで8K4Kまで、より高い解像度とリフレッシュレートの組み合わせを可能にする。DP2.1aの2メートルのケーブル長は、DisplayPort 2.0規格で利用可能な現行世代のUHBR10仕様で利用できる。

DisplayPortの最新アップデートにより、UHBR13.5ケーブルの仕様は、UHBR10とUHBR13.5の両方のモニターとグラフィックカードに、より長いパッシブケーブルを提供することを目的として構築されました。消費者はもはや、UHBR13.5のシンクとソース・デバイスを1メートルのDP80ケーブルで接続することに制限されることはありません。このケーブルは、ハードウェアが必要とする帯域幅よりも多くの帯域幅をサポートし、場合によっては、超広幅の湾曲ディスプレイなどのセットアップには短すぎるかもしれません。

VESA

ただし、DisplayPort 2.0自体もあまり採用されていない事から、DisplayPort 2.1aを多くのデバイスが採用するには長い時間がかかるだろう。最近発表されたRTX 40 SuperシリーズのグラフィックカードはDisplayPort1.4a出力を使用している。

VESAは遠い将来に備えているが、この新しい規格が広く採用されるのは、DisplayPort 2.0を使用するRTX 50 Blackwell GPU以上のグラフィックカードになってからである。DP 2.0デバイスは追加されたケーブル長を利用できるため、RTX 50のライフサイクル中や近い将来の高解像度テレビでこのケーブル規格が採用されるかもしれない。

VESAがDP40ケーブル仕様を廃止する一方で、これまでに出荷された既存のDP40ケーブルは、DP54ケーブル仕様に準拠し、UHBR13.5リンクレートをサポートすることがVESAによる厳密なテストにより確認されている。UHBR20リンクレート(4レーンすべてを使用した最大スループット80Gbps)をサポートするシンクおよびソースデバイスは、引き続きVESA認定のDP80 UHBRケーブルでサポートされる。

VESAのCESでの発表には、新しいAutomotive Extension仕様プロトコルも含まれている。この仕様では、GPUから転送されたデータが送信されたのと同じ方法でディスプレイに受信されたことを確認するための標準化された方法を導入し、ノイズの注入やエラーを排除する。


Sources

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする