あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

欧州委員会は、MicrosoftによるOpenAIへの巨額投資が、EUの合併管理規制に該当するかどうかを調査している。

この予備的な調査は、ChatGPTの開発元であるOpenAIへのMicrosoftによる最大130億ドルの投資に対する、米国と英国の反トラスト当局による同様の調査に続くものである。

Microsoftは、OpenAIの49%を所有していると伝えられている。欧州委員会はまた、デジタル市場の主要プレーヤーと、生成AIの開発者およびプロバイダーとの間の協定、およびこれらの提携が市場力学に与える影響についても調査している。

私たちは、企業や専門家に、これらの産業において認識される競争上の問題について教えていただくと同時に、AIとの提携が市場の力学を不当に歪めることがないよう注意深く監視しています。

先月、英国の競争当局は、この2つのテック大手が “関連する合併状況”にあるかどうかを判断するための調査を開始した。コメント募集は1月3日に締め切られたが、精査手続きはまだ続いている。

一方、ドイツの連邦カルテル庁(FCO)も、この2社の関係を調べている。昨年秋、OpenAIのSam Altman氏の衝撃的な更迭/復帰のわずか数週間前、FCOはOpenAIとMicrosoftの「協力」は「現在のところ」合併規制の対象ではないと結論づけた。しかし、FCOはこうも警告している:「Microsoftが将来OpenAIへの影響力を強めるようなことがあれば、競争法上の届け出義務が存在するかどうかを再検討しなければならないだろう」。

欧州委員会によると、「大手デジタル企業数社」に情報提供の要請を送り、また、利害関係者からの意見も求めており、3月11日までに回答を提出することになっている。

Margrethe Vestager欧州委員会競争担当委員は声明で、「バーチャルワールドと生成AIは急速に発展している。これらの新市場が競争力を維持し、ビジネスが成長し、消費者に最高で最も革新的な製品を提供する妨げになるものがないようにすることが基本である」と述べた。


Sources

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする