米中のハイテク抗争が激化、中国政府が米Micron製品を規制へ

masapoco
投稿日 2023年5月22日 17:15
micron

中国のハイテク分野は近年、米国の貿易制裁を受けており、米国は中国のチップメーカーやスマートフォンブランドなどに対して様々な技術の売却を禁じている。

こうした状況の中、今度は、中国政府が、セキュリティ審査に合格できなかったとして、米国の大手メモリチップメーカーであるMicronが中国国内でチップを販売することを禁止しているとのことだ。

中国サイバースペース管理局(CAC)が発表した声明は以下の通りとなる:

レビューでは、Micron製品には比較的深刻な潜在的ネットワークセキュリティ問題があり、中国の重要情報インフラのサプライチェーンに大きなセキュリティリスクをもたらし、中国の国家安全保障に影響を与えることが判明しました。

「”ネットワークセキュリティ法”およびその他の法令によれば、中国における重要な情報インフラの運営者は、Micron製品の購入を中止すべきです」とCACの声明は付け加えている。

規制当局は、主張されているネットワークセキュリティの問題についての詳細を提供していない。

Gina Raimondo長官はThe Wall Street Journal紙に対し、「根拠のない制限に断固反対する」と述べた。商務省は、中国政府と関わり、その立場を「詳しく」説明し、さらなる明確化を求めると付け加えた。

これは、米国が韓国のチップメーカーに対し、北京の禁止令が発効した場合、中国での不足分を埋めないよう求めたとFinancial Times紙が報じたことによる

半導体市場への影響は

Micronは、PC、スマートフォン、その他の消費者向けガジェットに搭載されるメモリおよびストレージ製品の主要メーカーである。これらの製品には、RAM、DRAM、UFSストレージが含まれる。

この中国の禁止令によって、Micronがどのような影響を受けるかも考えなければならない。Micronはメモリメーカーのビッグ3の一つだが、DRAMやNANDはコモディティ製品であり、ブランドの価値は低い。最近の決算では、Micronの2022年の売上高の25%が中国での販売によるものであった。しかし、コモディティ市場では、DRAMとNANDのICの流れはかなり早く調整できるはずだ。

これらの半導体コモディティは2023年にさらに急落する兆しがあったが、最近はAI技術分野を実現/支援する企業への関心を背景に、ポジティブな動きが出ている。そのため、Micron株はここ数ヶ月で多少の上下はあったものの、ここ半年で20%近く上昇しており、ここ5日間でその半分を占めている。また、Micronの背後にあるいくつかのポジティブな要素は、地方自治体の支援を受けた最近の日本への大幅な投資に起因している。Micronの株価は、この報道を受け一時的に急落したが、その後持ち直し、終値は前日を上回る結果となっている。

Micronのライバルである韓国のチップメーカーであるSamsungやSK hynixなどの株価は月曜日の朝、上昇している。

このニュースは、米国がさまざまな中国産業への技術販売を幅広く禁止した後、しばらくして発表されたものだ。これには、高度なチップ製造装置やAIに使用される高性能チップなどの販売禁止が含まれている。これらの最近の米国の禁止措置は、米国が2019年に不特定多数のセキュリティ問題でHUAWEIに制裁を科した後でもある。


Sources



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • meta-facebook
    次の記事

    Meta、EUに属するユーザーデータの米国転送を巡り約1,775億円の罰金が課せられる

    2023年5月23日 6:18
  • 前の記事

    AIの専門家は、ChatGPTは人々が思っている以上に“愚かだ”と語る

    2023年5月22日 15:06
    ai artiricial intelligence

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事