あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Epicは、LumenNaniteのパフォーマンスを改善したUnreal Engine 5.1 Preview 1を開発者向けにロールアウトした。

このビルドはまだ完全にテストされていないが、開発者はこのプレビュービルドの最終リリース前に新機能をテストすることができる。Epicによると、この新ビルドは、Unreal Engine 5のリリース時に提供された機能を改善し、リアルタイムの3Dコンテンツ制作のための、より合理的で使いやすいワークフローを実現するものだそうだ。

Source

さらに、新しい5.1プレビュービルドをテストする開発者は、エンジンの主要機能のいくつかについて、パフォーマンスの向上が約束されている。

Lumen、Nanite、Virtual Shadow Maps (VSM)のパフォーマンスが向上し、次世代コンソールやPCで60fpsのゲームをサポートするようになりました。ワールド・パーティションの新機能とワークフローの改善により、ラージワールド座標のサポートを含む、広大な世界を構築することができます。また、ICVFXのパフォーマンスや操作性の向上など、シネマティック・パイプラインの大幅な改良をお楽しみください。

Epic Games

5.1バージョンの完全なリリースノートは、5.1最終リリースと同時に公開される予定だ。

Epicは、今年4月に新しいゲームエンジンである「Unreal Engine 5」をリリースした。リリース後、様々なアーティストが、この新しいエンジンで想像したゲームや作品を発表している。Unreal Engine 5の主な新機能は、Epicの新しいLumen動的グローバルイルミネーションと反射ソリューション、Nanite仮想化マイクロポリゴン幾何学システム、新しい仮想シャドウマップシステムだ。

Lumenは、ダイナミックなグローバルイルミネーションと反射のソリューションで、時間帯によって太陽の角度を変えたり、外扉を開けるなど、直接照明や形状の変化に応じて間接照明をその場で適応させることができます。

Lumen を使用すると、ライトマップ UV を作成したり、ライトマップが焼き上がるのを待ったり、反射キャプチャを配置したりする必要がなくなり、Unreal Editor 内で見たものがコンソールで表示されるようになります。

Follow Me !

この記事が気に入ったら是非フォローを!

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする