あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

英国規制当局、MicrosoftのActivision Blizzard買収を阻止

英国の競争市場庁(CMA)は、MicrosoftによるActivision Blizzardの巨額買収を阻止する意向を確認した。同機関は、「このような合併はクラウドゲーム市場で“最も強力なオペレーター”を生み出す」と結論づけている。

この買収により、MicrosoftはTencent、Sonyに次ぐ世界第3位のゲーム会社となり、Call of DutyやWorld of Warcraftといったメガフランチャイズを直接支配することになる。

昨年7月、CMAはこの合併について反トラスト法の調査を開始することを確認し、2ヶ月前には、価格の上昇、選択肢の減少、イノベーションの減少によって「英国のゲーマーに損害を与える可能性がある」と暫定的に結論づけ、合併を阻止する準備を進めていることを示す、これまでで最も強い姿勢を示した。そして先月、CMAは、コンソールゲームではなく、クラウドゲームに完全に焦点を当てるよう立場を狭めた。

CMAは、Microsoftが英国のクラウドゲーム市場で60~70%のシェアを持つ中、Activisionのゲームポートフォリオを取得することは “競争を大幅に弱める”と指摘した。また、Microsoftは、競合するゲームプラットフォームからそのようなゲームを差し控えるインセンティブを持つことになるとも述べている。

この合併は、Call of Duty、Overwatch、World of Warcraftといった重要なゲームコンテンツを支配することで、市場におけるMicrosoftの優位性を強化することになります。CMAが入手した証拠によれば、合併がなければ、Activisionは当面、クラウド・プラットフォームを通じてゲームを提供するようになるでしょう。

クラウドを利用することで、英国のゲーマーは高価なゲーム機やPCを購入する必要がなくなり、プレイ方法についてより柔軟で選択の幅が広がります。クラウドゲーム市場が急成長し始めたときに、マイクロソフトがこのような強い地位を占めることを認めると、このような機会の発展に不可欠なイノベーションが損なわれる恐れがあります。

CMAは、Microsoftがこのような状況に対して改善策を提示したと述べているが、いくつかの領域には対処していないと判断している:

  • マルチゲーム配信サービスなど、さまざまなクラウドゲームサービスのビジネスモデルを十分にカバーできていなかった。
  • Windows以外のOSでゲームを提供しようとするプロバイダーに対して、十分にオープンでなかった。
  • ゲームの提供条件が標準化され、合併がない場合に予想されるような市場の競争のダイナミズムと創造性によって決定されるのとは対照的である。

また、プレスリリースでは、CMAがこの合併を調査するために招いた独立専門家パネルの議長であるMartin Coleman氏の言葉も引用している。内容は以下の通りだ:

クラウドゲーミングには、イノベーションと選択肢を促進する自由で競争力のある市場が必要です。そのためには、クラウドゲーミングにおける現在の競争力学がその役割を果たし続けることを認めることが最も効果的です。

この買収は、世界中の他の地域でも監視の目を向けられていることは注目に値する。米国では、連邦取引委員会(FTC)がこの買収を阻止するために訴訟を起こしているが、Microsoftは最近、ゲーマーが起こした別の民間反トラスト法訴訟で棄却を勝ち取った。

他方、欧州では、すでにしばらくの間、詳細な調査について検討されている。欧州委員会(EC)は以前、決定を発表する暫定的な期限を4月25日に設定していたが、最近になって5月22日に変更された。初期の報道によると、Microsoftがさらなる救済策を提示したことを受けて、欧州がこの取引を許可する可能性があるとのことだ。

しかし、政治的に初めて買収を正式に拒否した英国は、今後につながる先例を作ったと言えるかも知れない。

Microsoftはこの決定に異議を唱え、この取引を阻止することは「英国のゲーム産業全体の投資、競争、雇用創出を阻害する」と述べている。Microsoftの副会長兼社長のBrad Smith氏も、今回の決定について、「この市場と関連するクラウド技術が実際に機能する方法についての欠陥のある理解を反映しているように見える」と、Twitterでコメントを発表している。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする