Twitterがアクティブでないアカウント15億を削除し、他のユーザーが名前を使えるようにする計画を発表

masapoco
投稿日
2022年12月10日 10:21
twitter icon

Twitterは、取得されたけれども使われていないユーザー名、ハンドルネームを、本当に使いたい人が使えるように、15億ものの非アクティブなアカウントを削除することを計画していることを、CEOのElon Musk氏とがツイートで伝えている。削除されるアカウントは、何年も活動しておらず、関連するツイートもないものとのことだ。Musk氏は、この動きによってプラットフォーム上の「名前空間」が解放されると述べている。

この動き自体は、以前からMusk氏自身がTwitterから非アクティブなアカウントを削除することを公言しており、予想されていたことだ。同氏は11月には15年間非アクティブだったアカウントを削除すると発表していた。アカウントが削除のフラグを立てられるまでに、どれくらいの期間非アクティブでなければならないかは、現在のところ不明だ。また、Musk氏は、1年以上休眠しているアカウントも対象になる可能性があることを示唆していた。

また、Musk氏は別のツイートで、Twitterが “シャドウバン”と呼ばれる手法で自分のツイートが抑制されている事をユーザーに通知するプロセスを開発中であるとも述べている。ユーザーは、自分のツイートが抑制されたことを通知された場合、禁止を訴えることができるようになる予定だ。また、Twitterがユーザーのアカウントがどのような状態におかれているのかも表示するようなソフトウェアのアップデートに取り組んでいることにも触れている。

シャドウバンの話題の一方で、Elon Musk氏は、Twitterの前CEOやその他のメンバーに対して新たな主張を展開した「Twitter Files」の第2弾を公開した。

「Twitter Files 2」は、Twitterが秘密グループのもと、当時のCEOであるJack Dorsey氏に知らせずに、著名なユーザーをシャドーウンするなどの物議を醸す決定をしていたことを明らかにした。The Free Pressの創設者兼編集者のBari Weiss氏によると、この秘密グループには、法務・ポリシー・トラスト責任者(Vijaya Gadde)、トラスト&セーフティ グローバル責任者(Yoel Roth)、その後のCEOのJack Dorsey氏とParag Agrawal氏が含まれていた。Twitterはこれまで、このような行為への関与を否定していた。

Reutersの報道によると、Twitterはまた、早ければ来週にも広告主向けの新しいコントロールを展開する予定です。これにより、特定のキーワードを含むツイートの上下に広告が表示されないようにすることができるようになるとのことだ。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • chrome passkeys
    次の記事

    Chromeがついに「パスキー」を正式サポート、パスワードレスでのログインが可能に

    2022年12月10日 12:27
  • 前の記事

    AppleとEricsson、世界的な特許紛争で和解し新たな契約を締結

    2022年12月10日 7:27
    apple iphone 5g
この記事を書いた人
masapoco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

おすすめ記事

  • neuralink inplant

    Neuralink、脳インプラントを埋め込まれた被験者がPCでチェスや『シヴィライゼーション VI』をプレイ出来たと発表

  • tiktok icon

    ホワイトハウス、米上院のTikTok法案採決に「迅速な動き」を期待すると述べる

  • e9411e30d34535dc150e6bfe67e86b01

    TikTokを禁止しようとする試みは、すでに有権者との関係に苦慮している政治家の偽善を露呈している

  • tiktok

    米下院、TikTok禁止法案が賛成多数で可決、上院の対応に注目が集まる

  • message app

    プライベートな会話は本当にプライベートなのか?サイバーセキュリティの専門家が、エンドツーエンド暗号化がどのようにあなたを守るかを説明する

今読まれている記事