Chromeがついに「パスキー」を正式サポート、パスワードレスでのログインが可能に

masapoco
投稿日 2022年12月10日 12:27
chrome passkeys

パスキーGoogleのWebブラウザ「Chrome」で使用できるようになった。Googleは、10月からパスキーの導入テストを始めていたが、今週リリースされたChrome 安定版M108において正式に追加されたのだ。

Source

パスキーは、Windows 11、macOS、Androidを実行するデスクトップとモバイルの両方で、Chromeを使用した場合に動作するようになっている。Googleはまた、Androidから他のデバイスにパスキーを同期させるために、同社独自のパスワードマネージャーか、1PasswordやDashlaneのようなそれをサポートするサードパーティ製のものを使用することができると述べている。

パスキーとは、パソコンや携帯電話、USBセキュリティキーのようなデバイスに保存されるユニークなIDのことだ。passkey APIを実装したWebサイトやアプリケーションでは、デバイスの生体認証やその他の安全な認証と組み合わせた簡単で迅速な確認によりログインできるようになる。

一度デバイスに保存したパスキーは、サインイン時の自動入力に表示されるため、より安全に利用できる。

また、デスクトップ端末では、近くにあるモバイル端末からパスキーを使用することもできる。パスキーは業界標準に基づいて作られているため、AndroidまたはiOS端末のいずれかを使用することが可能だ。

パスキーは、漏れる可能性のあるパスワードが含まれないという点で、セキュリティ上優れている。Apple、Google、Microsoftといった大手ハイテク企業が揃ってこの技術(と名前)を採用しているため、デバイスの垣根を越えて共通の体験が出来るだろう。パスキーは業界標準に基づいて構築されており、さまざまなOSやブラウザのエコシステムで動作し、Webサイトとアプリケーションの両方で使用することができる。

Chromeや他のブラウザでのパスキーの有用性は、サイトがWebAuthn APIを実装してパスキーを受け入れるかどうかにかかっている。既にPayPal などのサービスでは有効になっている。



この記事が面白かったら是非シェアをお願いします!


  • writing image
    次の記事

    DeepMindが共同執筆AI「Dramatron」を発表、AIがあなたのアイデアから脚本を作成する手助けをしてくれる

    2022年12月12日 14:14
  • 前の記事

    Twitterがアクティブでないアカウント15億を削除し、他のユーザーが名前を使えるようにする計画を発表

    2022年12月10日 10:21
    twitter icon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


今読まれている記事