あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

Twitter、2月9日からAPI利用を有料化すると発表

Twitter ディスプレイにアイコンが表示されている画像

TwitterTwitter Devアカウントを通じて、2月9日からAPIのバージョン1.1と2の両方への無料アクセスをサポートしないことを発表した。代わりに「有料の基本階層」を開始する予定だという。料金体系はまだ明らかになっていない。

TwitterのAPI(Application Programming Interfaceの略)は、第三者がTwitterの公開データを取得・分析することを可能にし、それを使ってPikaso、Thread Reader、RemindMe_OfThisといったプラットフォームに接続するプログラマブルボットや個別のアプリケーションを作成することができる。Twitterは現在、APIへの無料アクセスを限定的に提供するとともに、エンドポイントへのアクセス制限を解除し、追加のエンタープライズ機能を解除する必要がある開発者向けに、プレミアムでスケーラブルな階層を提供している。

現在、Tweetbot、Fenix、Twitterrificなどの人気サードパーティ製Twitterアプリが「長年のAPIルール」によって、1月中旬からサービス停止に陥り、これらのアプリのユーザーがツイートを閲覧・送信できない状態に陥っているが、事態は予想の斜め上の方向に進んでいる。Twitterは有料APIの公開を控えており、これらの人気アプリが今後どうなるかはまだ不明である。

Twitterは、Elon Musk氏が指揮をとって以来、より多くのお金を稼ぐための新しい方法を試行錯誤してきた。これまでで最も大きな変化はTwitter Blueで、これは月1,380円の購読サービスへと発展し、ユーザーはこれまで見つけられなかったWebサイトの青いチェックマークを購入できるようになった。

Twitterの新しい有料APIが、誤報対策に取り組む研究者や企業に与える影響は、同社がこれらのグループに対する無料のAPI使用に対する姿勢をまだ明確にしていないため、不明確なままだ。

Forbesは、ツイッターの無料アクセス削除の決定を、ツイッターをより楽しめない空間にする「現金強奪」と呼び、キツネの写真をツイートするだけの@FoxesEveryHourのような楽しいボットが失われる可能性があると指摘した。

Twitterの有料APIは、商業プロジェクトをサポートするためにTwitter APIにアクセスする大規模な開発者をターゲットにしているようです。これらの開発者は、最終的にどのようなコストになるにせよ、サービスを継続することが正当化されるかどうかを評価する必要がある。

Twitterの開発者アカウントは、そのデータのパワーを共有するためにプラットフォームに参加し、世界で最もパワフルなデータセットの1つであり、その重要性を力説している。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする