あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

TSMCの熊本開所式は2月24日で調整か?2024年末の量産開始に弾み

TSMCの子会社である「Japan Advanced Semiconductor Manufacturing株式会社」(JASM)が熊本県に建設している半導体工場の開所式が、2024年2月24日で調整されている事が熊本日日新聞の報道によって明らかになった。この半導体工場は、TSMCのN28(28nmクラス)技術を使ったチップ製造が可能で、日本では最先端ロジックの工場となる。

TSMCの日本工場は、九州の熊本県菊陽町に建設される。この半導体製造施設では、TSMCのN28(28nmクラス)技術に由来するさまざまな製造ノードを使用してウェハーを加工する。これには、複数のN28バリエーションと、超低消費電力アプリケーション向けの特殊ノードである22ULP製造プロセスが含まれる。これらの製造技術は、スマートフォンやPC向けの高度なシステムオンチップ(SoC)、高性能CPUやGPUに使用するには時代遅れだが、自動車や家電分野で使用される部品には適しており、これらの分野で事業を展開する多数の大企業を抱える日本では、こうしたプロセッサーの需要は依然として多い。

多くの集積回路(IC)のライフサイクルが長いことから、これらの技術は長期にわたって関連性を保つと予想される。TSMCは現在、2月24日に正式なオープニングセレモニーを開催する予定で、ファブは予定通り2024年後半にチップ生産を開始すると見られる。並行して、12~28nmの演算用ロジック半導体の量産に向けた生産ラインを立ち上げるとしている。

JASM熊本工場は、フル稼働時には約1,700人を雇用する予定で採用は順調に進んでいるようだ。現在は台湾からの従業員を含む約1,400人が勤務しており、2024年春には250人の新卒者が入社する予定だという。

世界No.1のチップ受託生産メーカーであるTSMCは、チップ需要の急増と現在の地政学的情勢に影響され、台湾以外でも事業を拡大している。日本では、Sonyと共同で工場建設を進めている。熊本近郊のファブの生産能力は月産45,000枚で、ファブへの初期投資額は70億ドルに設定され、日本政府がプロジェクトを補助することになっている。しかし、最終的なコストは不明である。

TSMCはまた、日本で研究開発センターの設立を進めており、東京大学とさまざまな共同プロジェクトに取り組んでいる。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする