あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

目まぐるしく変化するテクノロジーの世界では、コラボレーションと流用の境界線がすぐに曖昧になることがある。中国のPowerLeaderの名で知られるBaodeは、最近、新しくリリースしたCPU「Powerstar P3-01105」がIntel製品の再利用に過ぎないという疑惑が浮上し、注目を浴びている。

PowerLeaderは5月上旬にPowerstar P3-01105というCPUを発表し、幅広いデスクトップアプリケーションに適しているとして、国家的偉業と称した。このプロセッサはx86アーキテクチャを採用しており、2020年に上海兆新半導体有限公司が台湾のVia社からライセンスを取得したことで、中国企業が合法的に生産できる業界標準となった。このような動きは珍しいことではないが、現在の地政学的な情勢から、中国が設計・製造したCPUは戦略的に非常に重要であり、世界中から注目されていた。

しかし、業界関係者がPowerstar P3-01105と2021年に発売されるIntelのCore i3-10105 Processorとの間に著しい類似性があることに気づき、憶測が流れた。CPUの仕様や性能だけでなく、ネーミングにも共通点があり、あまりに不気味な一致に驚かされた。さらに、その外見もそっくりであることから、業界では疑問の声が上がっていた:「PowerStarにはIntel入っているのか?」と。

噂は何週間も続いたが、Baodeがついに沈黙を破った。同社のボスであるLi Ruijie氏は、ソーシャルメディアへの投稿で疑惑に応え、このCPUは「Intelのサポートを受けて」設計されたと述べたのだ。

Intelの関与の正確な内容はまだ不明だが、前例のない動きではないだろう。技術輸出に対する米国の制裁は、主に北京の軍事力と監視活動の強化を防ぐことを目的としているため、IntelはPowerLeaderに技術を輸出するライセンスを取得した可能性がある。ミッドレンジのデスクトップCPUの輸出は、これらの目的を特に脅かすものではない。さらに、Intelは、2015年のOracle Cloudへの取り組みに見られるように、大口顧客向けに自社製品をカスタマイズしてきた歴史がある。

PowerLeaderは、150万個のPowerstar P3-01105 CPUの生産量を見込んでおり、これはIntelの興味をそそる素晴らしい数字であることは間違いない。Li Ruijie氏は、PowerLeaderが中国の半導体業界において将来的に優位に立つことを主張し続け、中国が外国製PCに代わって自国のCPUを開発することを決意している。しかし、この野心は、現在の地政学的緊張を考えると、Intelにとって同じ感情にはならないかもしれない。

この武勇伝は、テクノロジー、地政学、ビジネスの複雑な網の目への興味深い洞察であり、グローバルな技術協力の将来についての重要な問題を提起するものだ。謎が解明されるにつれ、テック業界は固唾を飲んで、PowerLeader、Intel、そして世界の半導体産業全体が次の章に進むのを待ち望んでいる。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする