あなたの好奇心を刺激する、テックと科学の総合ニュースサイト

米国が撃墜した3つの謎の物体は、スパイ機ではなかった可能性が高いとBiden大統領

Joe Biden米大統領は、米国とカナダの戦闘機によって撃墜された3つの未確認飛行物体について、どれも中国のスパイバルーンではなかったと述べた。しかし、その物体が実際に何であったかは明言しなかった。

「この3つの物体が何であったのか、まだ正確には分かっていない。しかし、今のところ、これらの物体が中国のスパイバルーン計画に関連したものであることを示唆するものはなく、また、他の国の監視車両であることもない」と、大統領は本日述べている。

「情報機関の現在の評価では、これら3つの物体は、気象の研究やその他の科学的研究を行う民間企業、レクリエーション施設、研究機関に結びついた気球である可能性が高い」とも述べている。

大統領によると、米国情報機関は、最新の3つの物体はいずれも中国のスパイ計画に由来するものではないとみている。しかし、国防総省とカナダ軍は、これらの物体の残骸を回収しようとしている。

Biden氏はまた、最近の相次ぐ国籍不明物体の相次ぐ撃墜は、空中活動の急増を示す証拠ではないと強調ている。むしろ、中国のスパイ気球の飛行後、米国はレーダー設備の検知閾値を下げたため、より多くの物体を検知するようになった結果、従来は検知されなかった物体も検知されるようになったとのことだ。

Biden氏はまた、アメリカ領空上の未確認飛行物体を追跡するための新たな取り組みとして、世界各地での国際協力の強化も発表した。

「このような課題に対処するために、私たちはアプローチを適応させ続けなければなりません。そのため、未確認飛行物体への対応について、より明確なルールを作成し、行動を起こす必要があるものとそうでないものを区別して報告するようにチームに指示しました。しかし、間違いなく、アメリカ国民の安全と安心に脅威を与える物体があれば、私はそれを取り押さえるでしょう。」と、Biden氏は述べている。

この発表は、米国とカナダの領空に浮かんだ中国のスパイ気球をめぐる地政学的な論争を受けたものだ。気球は最終的に2機のF22戦闘機によって、サウスカロライナ州沿岸付近の大西洋上で破壊されたが、その後アラスカ沖、カナダのユーコン上空、ヒューロン湖上空の3つの空中物体が戦闘機によって撃墜されており、一部の評論家はアマチュア気象観測気球かUFOかと憶測を呼んでいる。

外交面では、最初に気球が発見されたとき、Anthony Blinken国務長官が抗議のために予定していた中国への出張をキャンセルしている。北京はその後、友好的で科学的であると主張して気球の残骸の返還を要求し、その後、ワシントンが不必要にエスカレートしたレトリックを行ったと非難している。


Source

Follow Me !

\ この記事が気に入ったら是非フォローを! /

Share on:

関連コンテンツ

おすすめ記事

コメントする